未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【大相撲七月場所初日振りかえり】2横綱3大関が初日黒星、荒れる名古屋場所!?



<スポンサードリンク>

 

「荒れる◎◎場所」というのがありますが、「荒れる春場所(三月場所)」、そして「荒れる名古屋場所(七月場所)」です。

「名古屋場所」は、夏の開催で、かつ、気温が暑い名古屋ということもあり、体調管理が難しいことから、「荒れる」、すなわち、上位陣以外が優勝をしやすい場所ということのようです。

どうやら今年も...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

2017年七月場所番付

 

この前に書いた記事にも番付を載せましたが、もう一度、載せますね。

三役以上(小結以上)は全関取が出場です。

 

f:id:kanreki7:20170709124513p:plain

 

ブログ管理人の期待も、もう一度...

 

細かいことは抜きにして、ブログ管理人が今場所で期待していることは次の8点です。

番号は、そうなって欲しいという思いが強い順です。

 

ちなみに、ブログ管理人は白鵬ファン&稀勢の里ファンです。

  

  1. 横綱・白鵬、39回目の優勝(できれば全勝)
  2. 横綱・稀勢の里、無事千秋楽を終える
  3. 大関・高安、準優勝以上(できれば優勝)
  4. 関脇の玉鷲&御嶽海の2桁勝ち星(大関昇進につなげる!)
  5. 宇良の連続2桁勝ち星
  6. 大栄翔の復活2桁♪
  7. 豪風と宝富士、とにかく勝ち越して...。
  8. 4横綱が千秋楽まで休場なく務めあげる

 

で、この記事では、この「期待」が初日どうなったかについて書きます。

他の関取のことは書きませんのであしからず...です。

 

初日、注目の対戦結果は...

 

なお、下記対戦は、取組順ではなく、ブログ管理人が気になる順です。 

 

横綱・白鵬 対 小結・琴奨菊

小手投げで白鵬の勝ち。

白鵬、廻しは取れませんでしたが、全く動ぜず。

左上手を下気味に振り下ろして、見事な小手投げで、小結に落ちた琴奨菊に完勝です。

前評判では白鵬の体調が頗るいいという噂を耳にしましたが、その通りみたいです。

白鵬、体調良し!!

39回目の幕内優勝に向かって、まず1つ前進です♪

 

横綱・稀勢の里 対 関脇・御嶽海

寄り切りで御嶽海の勝ち。

立ち会いでもろ手差しを喰った稀勢の里、得意の左おっつけも機能せず、あっけなく土俵を割ります。

う〜ん、稀勢の里、1日でも早く休場して欲しいです。

春場所(三月場所)のような奇跡の優勝のデジャブが今場所で実現してしまうと、そのときこそ、稀勢の里の相撲声明がジ・エンドになりそうな気がしてなりません。

とにかく、しっかり休んで、体調を万全にすることを優先して欲しいですね。

二日目、もし、前頭筆頭・貴景勝に負けるようなら、本気で休場してください(T_T)

 

大関・高安 対 前頭2・北勝富士

押し倒しで北勝富士の勝ち。

新大関・高安、ひとつもいいところなく倒されました。

固い...というより、稽古不足!?

やはり、日頃の稽古相手、稀勢の里が万全でないことが影響しているのでしょうか。

こういう危機(稀勢の里の怪我)に際し、出稽古を基本しない部屋は痛い...ですね(>_<)

一方、若手ホープの一人、北勝富士は最初から勝つ気満々でしたね。

高安、2日目以降は開き直って取って欲しいところです。

 

関脇・玉鷲 対 前頭3・勢

押し出しで玉鷲の勝ち。

勢、怪我をしているのでしょうか。

玉鷲の攻めを凌ぎながら、自ら右足から転けた感じでした。

で、もう一度じっくり見たら...

玉鷲の攻め押しを凌ぐために廻り込む際、左足が土俵に出てしまったんですね。

それもあって、転けた...。

関脇の2人、つまり玉鷲と御嶽海。

玉鷲はベテラン、御嶽海は若手ですが、ともに大関は狙える力があると信じています。

なので、今場所は玉鷲と御嶽海の勝ちを期待しています。

最低でも10勝は欲しいところです。

できれば12勝。

玉鷲は幸先のいい発進となりました。

 

前頭4・宇良 対 前頭3・遠藤

送り出しで宇良の勝ち。

宇良は、「宇良らしく」土俵中を動き回って、最後は遠藤を送り出しました。

今、幕内で人気の関取、つまり、会場の声援が多い関取が、この遠藤と宇良です。

で、ブログ管理人は宇良を応援しています。

宇良には今場所勝ち越し、できれば2桁以上の勝ちをおさめれば、かなり最短での三役も可能です♪

 

前頭7・大栄翔 対 前頭8・碧山

送り出しで碧山の勝ち。

完全、力負けですね。

碧山のような体格差のある関取には、宇良みたいに動き回らないと...。

大栄翔、多くは望まないので勝ち越してください。

目指せ8勝!

 

前頭13・宝富士 対  前頭12・豪風

押し倒しで宝富士の勝ち。

2関取とも、いい立ち会いでした。

でも、豪風の不要な引きが命取り。

宝富士と豪風は超ベテラン幕内力士で、素敵です。

でも、だんだんと幕尻に近くなり、今場所大負けすると十両に陥落してしまいます。

まだまだこの2関取の勇姿を見続けたいので、宝富士と豪風には、とにかく勝ち越して欲しいのです。

初日にこの2関取があたって欲しくなかったな...。 

 

二日目注目の対戦は...

 

これは取組順に書きますね。

左側に記した関取に勝って欲しいのです♪

  1. 前頭13・宝富士 対 前頭14・佐田の海
  2. 前頭12・豪風 対 前頭13・蒼国来
  3. 前頭7・大栄翔 対 前頭8・石浦
  4. 前頭4・宇良 対 前頭5・千代翔馬
  5. 関脇・御嶽海 対 前頭2・北勝富士
  6. 関脇・玉鷲 対 大関・照ノ富士
  7. 大関・高安 対 前頭3・勢
  8. 横綱・白鵬 対 前頭2・栃ノ心
  9. 横綱・稀勢の里 対 前頭筆頭・貴景勝

 

まとめ

 

上記の8つの対戦以外に、大関・豪栄道と大関・照ノ富士が負け、3大関は揃って黒星発進。

また、横綱では、日馬富士も負け、稀勢の里と遭わせ2横綱が黒星発進

 

おひおひ、かなりやばくない!?

 

そんな取組が初日から展開されました。

「荒れる名古屋」そうなって欲しくないのですが...。

 

f:id:kanreki7:20170709103834p:plain

(画像出典:日本相撲協会