未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【大相撲七月場所3日目】荒れる名古屋、鶴竜、稀勢の里に土、横綱陣連日の金星配給(>_<)



<スポンサードリンク>

 

『荒れる名古屋場所』3日目は大関陣が全員勝ち、3日目にして上位陣安泰かと思われましたが...。

鶴竜が敗れ、そして、結びの一番で稀勢の里も敗れてしまいました。

横綱・大関安泰の初日が出ません(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

ブログ管理人の期待は...

 

毎日書いていますが、ブログ管理人が今場所に期待するのは以下の8点について注目しています。

  1. 横綱・白鵬、39回目の優勝(できれば全勝)
  2. 横綱・稀勢の里、無事千秋楽を終える
  3. 大関・高安、準優勝以上(できれば優勝)
  4. 関脇の玉鷲&御嶽海の2桁勝ち星(大関昇進につなげる!)
  5. 宇良の連続2桁勝ち星
  6. 大栄翔の復活2桁♪
  7. 豪風と宝富士、とにかく勝ち越して...。
  8. 4横綱が千秋楽まで休場なく務めあげる

 

この注目8点から、ブログ管理人が具体的に今場所注目している関取は、次の11人となります。

  1. 横綱・白鵬
  2. 横綱・稀勢の里
  3. 横綱・鶴竜
  4. 横綱・日馬富士
  5. 大関・高安
  6. 関脇・玉鷲
  7. 関脇・御嶽海
  8. 前頭・宇良
  9. 前頭・大栄翔
  10. 前頭・豪風
  11. 前頭・宝富士

 

この11人の対戦結果について、毎日書いています。

 

3日目、注目の対戦結果は...

 

以下は、取組順に記載しています。 

 

前頭13・宝富士 対 前頭12・荒鷲

引き落としで、宝富士の勝ち。

宝富士は、今場所2勝1敗です。

立ち会い互角。

宝富士が、差されている左を抜いた際に、バランスを崩した荒鷲が自らパタリ。

 

前頭12・豪風 対 前頭11・大翔丸

叩き込みで、豪風の勝ち。

豪風は、今場所2勝1敗です。

立ち会い、豪風が左に大きく動き、それから叩くも大翔丸が凌ぎます。

さらに、もう一度叩くと、今度は大翔丸パタリ。

 

前頭7・大栄翔 対 前頭9・徳勝龍

突き落としで、大栄翔の勝ち。

大栄翔は、今場所2勝1敗です。

立ち会い、低く当たった大栄翔は、そのまま徳勝龍を攻め立てます。

攻めて、攻めて、そして突き落とし。

 

前頭4・宇良 対 前頭4・栃煌山

押し倒しで、宇良の負け。

宇良は、今場所2勝1敗です。

体格差の大きな対戦です。

宇良、立ち会いから低い姿勢で攻めるも土俵際まで追い込まれます。

さらに得意の土俵際でバランスを崩したところを押し倒され、黒星。

 

関脇・玉鷲 対 小結・嘉風

寄り切りで、玉鷲の負け。

玉鷲、今場所2勝1敗です。

互角の立ち会いのあと、突きの応酬。

珍しく嘉風が左下手をとり、両差しになりかけると一気に土俵際へ。

玉鷲そのまま寄り切られ黒星。 

 

関脇・御嶽海 対 大関・豪栄道

押し出しで、御嶽海の負け。

御嶽海、今場所2勝1敗です。

豪栄道、立ち会い低くあたり、そのまま御嶽海を土俵際に追い込み押し出し。

御嶽海、少しも良いところなく黒星。

 

大関・高安 対 小結・琴奨菊

突き落としで、高安の勝ち。

高安、今場所2勝1敗です。

立ち会いで、琴奨菊が左下手をねじ込んだままがぶり寄りで出たところを、軽くいなして琴奨菊横転。

高安2勝目で勝ち星先行。

 

横綱・日馬富士 対 前頭1・貴景勝

寄り切りで、日馬富士の勝ち。

今場所1勝2敗です。

立ち会い、頭でがっつり当りに行った日馬富士。

気合い負けの貴景勝、いいところなく寄り切られます。

日馬富士、3日目でようやく初日でました♪ 

3連敗したら、おそらく休場だったと思います。

やれやれ、ホッ(^_-)

 

横綱・白鵬 対 前頭1・正代

突き落としで、白鵬の勝ち。

白鵬、今場所3連勝です。

3日目で、白鵬の飛び道具出ました(>_<)

立ち会い、白鵬が右から強烈な張り手。

それでバランスを崩したのか、クラッと意識が遠のいたのか、正代がそのまま倒れます。

横綱らしからぬ勝ちではありますが、勝ちは勝ち。

白鵬3連勝です。

ここまで、3大関、2横綱が白星をあげ、3日目は横綱・大関安泰かと思われたのですが...。

 

横綱・鶴竜 対 前頭2・北勝富士

押し出しで、鶴竜の負け。

鶴竜、今場所2勝1敗です。

立ち会い互角も、鶴竜に悪い癖の「引き」が出て、その機を逃さず北勝富士が押し出し。

鶴竜、今場所初黒星、一方、北勝富士は初の金星です♪

 

横綱・稀勢の里 対 前頭2・栃ノ心

寄り切りで、稀勢の里の負け。

稀勢の里、今場所1勝2敗です。

剛力の栃ノ心に全く対応できず、寄り切りで稀勢の里の負け。

この2敗で休場を決めれば、いいのですが...。

今場所、こんな状態で千秋楽まで取り続ける意味がないですね(>_<)

 

4日目注目の対戦は...

 

取組順に書きます。

  1. 前頭12・豪風 対 前頭12・荒鷲
  2. 前頭13・宝富士 対 前頭11・大翔丸
  3. 前頭7・大栄翔 対 前頭9・隠岐の海
  4. 前頭4・宇良 対 前頭6・阿武咲
  5. 関脇・玉鷲 対 小結・琴奨菊
  6. 大関・高安 対 関脇・御嶽海
  7. 横綱・稀勢の里 対 前頭1・正代
  8. 横綱・日馬富士 対 前頭2・栃ノ心
  9. 横綱・白鵬 対 前頭1・貴景勝
  10. 横綱・鶴竜 対 小結・嘉風

 

まとめ

 

昨日...

白鵬に土をつけるとすれば、関脇の御嶽海か玉鷲のいずれかだと確信しています。

そう書きましたが、3日目、御嶽海と玉鷲はそろって黒星。

おひおひ、痛い星の落とし方です。

明日、4日目から、心機一転まき直しです。

 

それから、稀勢の里は4日目が正念場です。

もし負けるようならば、絶対に休場すべきです。

 

白鵬は、幕内歴代勝ち星1位は、確実です。

そして、2場所連続の全勝優勝も可能性が大きくなってきました。

 

f:id:kanreki7:20170709103834p:plain

(画像出典:日本相撲協会