未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【大相撲七月場所4日目】荒れる名古屋、横綱・鶴竜休場(2場所連続7度目)(>_<)



<スポンサーリンク>


 

『荒れる名古屋場所』4日目は、とうとう横綱に休場者が...。

本気で怪我直してもらいたいので、休場は稀勢の里だったらよかったのに。

しかし、休場したのは2場所連続で7回目となる鶴竜でした。 

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

鶴竜4日目で休場は...

 

怪我があるとは言え、4日目の休場は明らかに調整不足であり、端から出場すべきでなかったと言えます。

それは稀勢の里も同様です。

 

このところ、休場の頻度が多い鶴竜については「恋々と横綱にしがみついている」と言われていました。

とうとう、来場所に進退を懸ける旨を、師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)が明言しました。

 

それについて、鶴竜は...

今年に入って(休場は)3回目。

いくらけがと言っても、厳しいことを言われても仕方ない。

次に出るときはいい結果を出さないといけない。

 

覚悟があるような、ないような。

まだ、鶴竜本人は、「次場所に進退を懸ける」という覚悟が決まっていないのでしょうか。

そんな意識だと来場所を最後に横綱が1人欠けてしまうという恐れも...(>_<)

 

4日目、注目の対戦結果は...

 

以下は、取組順に記載しています。

今場所注目の10関取の対戦結果について。

 

前頭12・豪風 対 前頭12・荒鷲

「肩透かし」で、豪風の勝ち。

豪風は、今場所 3勝1敗です。

立ち会い、低く当たった豪風が、うまく両差しとなります。

その後、豪風が右の下手を抜いて喉輪で攻め、荒鷲をのぞける状態にしてから、肩透かし。

 

前頭13・宝富士 対 前頭11・大翔丸

「押し出し」で、宝富士の負け。

宝富士は、今場所 2勝2敗です。

立ち会い、当りが弱い宝富士は、大翔丸に攻められたまま土俵際に追い込まれ、なすすべなく押し出されてしまいます。

 

前頭7・大栄翔 対 前頭9・隠岐の海

「押し倒し」で、大栄翔の負け。

大栄翔は、今場所 2勝2敗です。

立ち会いから大栄翔らしい、つっぱり主体の攻めをし、土俵内を動き回って優勢でした。

しかし、回り込んだ際、隠岐の海に押され、大栄翔は右足から崩れ自滅(>_<)

 

前頭4・宇良 対 前頭6・阿武咲

「押し出し」で、宇良の勝ち。

宇良は、今場所 3勝1敗です。

立ち会い、いつものように低く当たった宇良は、左に回り込みながら攻め立てます。

そして、阿武咲が一瞬引いた機を逃さず、そのまま押し出し。

 

関脇・玉鷲 対 小結・琴奨菊

「掬い投げ」で、玉鷲の勝ち。

玉鷲は、今場所 3勝1敗です。

立ち会い、頭から当たった琴奨菊が断然有利に攻め立てます。

玉鷲は、回り込みながらも土俵際まで追い込まれ万事休す。

しかし、土俵際で攻めていた琴奨菊の足が揃ってしまい、パタリ。

決まり手は確かに玉鷲の左下手が入っているので「掬い投げ」ですがが、いつもの「攻めて攻めて、そして最後に琴奨菊が自滅する」いつものパターンです。

 

大関・高安 対 関脇・御嶽海

「突き出し」で、高安の勝ち。

高安、今場所 3勝1敗です。

立ち会い、かち上げで攻めた高安。

その瞬間で勝負がついたのかもしれません。

御嶽海、いいところなく土俵を割ります。

 

横綱・稀勢の里 対 前頭1・正代

「寄り切り」で、稀勢の里の勝ち。

稀勢の里、今場所 2勝2敗です。

立ち会い、踏み込んだ稀勢の里が右上手を取り、左で起こしてといういいパターンが出ました。

そして、土俵際まで追い込まれた正代の左足が土俵外に出てしまい、アウト。

 

横綱・日馬富士 対 前頭2・栃ノ心

「上手出し投げ」で、日馬富士の勝ち。

日馬富士、今場所 2勝2敗です。

日馬富士うまし!...です。

日馬富士が立ち会い、頭であたって、直ぐに左に動き、栃ノ心を左上手でしっかり掴んで、そのまま上手出し投げ。

栃ノ心にしてみれば、立ち会いでしっかり当たったのに、次の瞬間、目の前に日馬富士がいなくなってしまった...そんな感じでしょうか。

 

横綱・白鵬 対 前頭1・貴景勝

「寄り切り」で、白鵬の勝ち。

白鵬、今場所 4連勝です。

立ち会い、白鵬がかちあげ。

その後は、突いて離れて、突いて離れて。

そして、土俵上でお見合い状態になり、白鵬が両手を拡げて「さあ来い!」と、まるでプロレスか!?というようなポーズを。

結局、その後、貴景勝はいいところなく直ぐに寄り切られてしまいます。

 

横綱・鶴竜 対 小結・嘉風

鶴竜休場につき、「不戦勝」で、嘉風の勝ち。

嘉風、今場所 4連勝です。

一方、鶴竜は、今場所 2勝2敗11休となります。

 

5日目注目の対戦は...

 

取組順に書きます。

  1. 前頭13・宝富士 対 前頭11・千代の国
  2. 前頭12・豪風 対 前頭10・松鳳山
  3. 前頭7・大栄翔 対 前頭10・千代大龍
  4. 前頭4・宇良 対 前頭2・栃ノ心
  5. 関脇・玉鷲 対 関脇・御嶽海
  6. 大関・高安 対 前頭1・貴景勝
  7. 横綱・稀勢の里 対 前頭3・勢
  8. 横綱・日馬富士 対 前頭2・北勝富士
  9. 横綱・白鵬 対 小結・嘉風

 

まとめ

 

冒頭に鶴竜について厳しい書き方をしましたが、大相撲を盛り上げてくれたモンゴル出身の横綱です。

大相撲ファンとしては、とても感謝しています。

 

じっくり休んで怪我を癒やして、進退を懸ける来場所で活躍してください♪

 

f:id:kanreki7:20170709103834p:plain

(画像出典:日本相撲協会