未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

民進党代表蓮舫氏の二重国籍問題、蓮舫氏と朝日新聞が行うイメージ操作はいかがなものか!?



<スポンサーリンク>


 

かねてから伸ばし伸ばしにしてきた民進党代表蓮舫氏の二重国籍問題。

戸籍開示でしゃんしゃんで幕引きかと思ったら、最後っ屁のように「戸籍開示はプライバシー問題」と言ってのけた。

これに大新聞・朝日も同調。

そろって仲良くオウンゴールか!?

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

戸籍開示はあってはならない!?

 

自らの二重国籍問題を明らかにするため、民進党代表蓮舫氏は戸籍開示をしました。

強制されたのではなく自ら戸籍を開示したのです。

しかし、最後っ屁が大問題。

  • 自分自身の戸籍を一部でも開示医することはプライバシーに属するため本来はあってはならない。

そう主張し、転嫁の、もとい、天下の朝日新聞もこれに同調しました。

 

蓮舫氏は

  • 自分が悲劇の主人公のごとく振る舞い、「差別」の被害者であるようなイメージ操作

をし、朝日新聞がそれに「よいしょ」したのです。

 

戸籍は私文書か!?

 

戸籍に関しては、いろんな問題も含んでいるのが現状です。

ただし、いろんな問題を含むが故に、戸籍は私文書扱いでOKというわけではないのです。

日本においては戸籍は公文書として扱われています。

つまり、戸籍開示はプライバシー問題になんら抵触しないのです。

海外が戸籍に関してどういう姿勢、扱いをしているかということと、日本において「今どうか」ということとは無関係です。

 

戸籍をさも私文書であるかのごとく言い、それをもってイメージ操作をするということが野党第一党たる党首がやるべきことか。

 

そもそも二重国籍問題の言い逃れはどうよ!?

 

蓮舫氏は長年の自身の二重国籍を認めました。

そして、長年事実と異なる主張を続けてきたことも認めました。

それは、俯瞰するまでもなく、「長年の虚偽&違法行為」だったのです。

しかし、蓮舫氏はその虚偽は故意ではなく過失だったと言い張ります。

 

なんだか、蓮舫氏が率いる民進党が安倍首相を追い込むときの逆パターンのような感じを受けます。

 

攻めに強く、守りに弱い蓮舫氏がここにも居たということでしょうか。

 

もとい、攻めに強くはありませんでした。

本質的なことに目を向けず、むやみやたらに吠えまくる、だから結果を出せない。

 

まとめ

 

都議選の大失敗などを受けて野田幹事長が辞任する民進党。

その代表は、続行するのでしょうか。

代表がおかしいと追求する安倍首相にも負けず劣らずの不信を背負った蓮舫氏、衆院選で東京の小選挙区から出馬するとか。

 

どうぞ、ご勝手に...ですね。 

 

f:id:kanreki7:20170726070314p:plain

(画像出典:ヤフーニュース