未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【安倍首相万事休す!?】稲田防衛大臣辞意表明〜与党内から批判噴出!



<スポンサーリンク>



 

安倍政権支持率急落をつくった一人と言われている稲田朋美防衛大臣が昨夜、辞意を固めたとの情報が流れました。

いまのところ、マスコミに対しては、相変わらずのだんまりを貫いています。

辞意を固めたというニュースが流れると、与党内から一斉に批判が噴出。

いよいよ安倍首相も万事休すというような状況になるのか、どうか!?

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

稲田大臣、日報問題で辞意!

 

7/27夜「稲田防衛大臣が辞意を固めた」との報道が流れました。

7/28にも安倍首相に辞表を提出する見込みです。

これにともない、8月初旬に予定している内閣改造までは、現閣僚に防衛大臣を兼務させる見込みです。

 

また、日報問題では、黒江防衛次官と岡部陸上幕僚長も引責辞任します。

 

_/_/

 

稲田大臣については、今回の引責辞任の原因となった日報問題以外にも、様々な問題を抱えており「辞任やむなし」なのですが、この「辞意報道」で自民党内の批判が噴出してしまっています。

 

自民党内から批判噴出!?

 

元防衛大臣は...

稲田氏も安倍晋三首相も判断が遅すぎた。

2人とも自分や身内を守ることばかり考え、防衛省と自衛隊が深く傷ついた。 

 

ある中堅議員は...

火だるまになった末の辞任。

もっと早く辞めていたら、支持率もここまで下がらなかった。

 

ある政府関係者は...

政権運営の歯車が狂い、負のスパイラルに陥っている。

炎上しているサイトは早く閉めるしかない。

 

ある官邸スタッフは...

防衛次官や陸幕長が辞めようとしているのに、稲田氏だけ続けるわけにはいかない。

 

稲田防衛大臣問題については、安倍首相の任命責任に波及するのが必至です。

 

怖いのは定着したイメージ

 

今回の「稲田防衛大臣辞意」報道に関して、各メディアが町の声を放送しています。

 

それらの声、おっちゃん、おばちゃんたちの声は、ほぼ同じ。

  • 辞任やむなし。
  • 辞任が遅すぎた。
  • 安倍首相も責任がある。

まぁ、そういう回答しか報道しないのかもしれませんが...。

 

いずれにしても今後の選挙のことを考慮すると、こういうネガティブイメージの定着が有権者に拡大していることが怖いことです。

 

民進党のオウンゴール!?

 

こういうチャンスに、さすが民進党です。

オウンゴールで自民党を応援です。

閉会中審査においても、圧倒的に攻め手を欠いた民進党。

参議院で代表自ら追及をしましたが、議論かみ合わず。

どう考えても、問題の本質をえぐる追求を展開できませんでした。

というより、問題の本質を忘れて、枝葉末節にこだわった結果。

民進党と蓮舫代表の技量が反映した結果なのかもしれません。

 

それに呼応するかのように、蓮舫代表「も」、代表を退くことを表明しました。

 

稲田大臣が辞任しても自民党の支持率は回復しないように、蓮舫代表が辞めても民進党が健全なる第二党として活躍できるようには...なかなか思えないのでは。

 

多くの有権者は消去法で自民党を選ばざるを得ない。

そういう状況をつくっている大きな責任は民進党にある...そのような認識があって、はじめてスタートが切れるのではないでしょうか。

 

_/_/

 

ところで、今話題の女性議員3人衆。

稲田朋美氏、蓮舫氏、今井絵理子氏。

他の2人については、こちらの記事もどうぞ。

 

まとめ

 

稲田大臣の辞意、民進党蓮舫氏の代表辞任表明、今井絵理子氏の不倫報道。

 

おひおひ、どういうこと。

 

これらの3人は、女性の活躍に大きくブレーキを踏んでいることを自覚して欲しいものです。

 

f:id:kanreki7:20170728060425j:plain

(画像出典:ヤフーニュース