未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【民進党、解党の危機】次の選挙では勝てない〜離党議員が出るか!?



<スポンサーリンク>



 

自民党のオウンゴールで安倍政権支持率の急落がニュースになっていますが、それ以上に民進党もオウンゴール量産で支持率急落は、安倍政権以上に深刻な状態です。

来る衆議院選において「民進党では勝てない」という状況になっており、「分党、解党」についての議論に発展しそうです...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

民進党内紛体質爆発!?

 

安倍政権が窮地に立っている今こそチャンスなのに、そういうときに従来からの内紛体質が爆発です。

 

つまり、日頃、民進党の議員たちは格好の良いことばかり言いながら、結局、選挙のことしか見てないということなのではないでしょうか。

 

あるニュースのコメンテーターは、今回、代表辞任を表明した蓮舫氏は、代表として最初で最後の賢明な判断をしたと痛烈に皮肉りました。

 

思い返せば、二重国籍問題を抱えた蓮舫氏が代表になった時点で、今日のことは予想できたことなのかもしれません。

 

民進党の追求の技術は、相変わらずの残念な状態で、少しの成長もない。

 

それでトップが問題。

帰結はとうに決まっていたのです。

 

閉会中審査で追求していた某議員が...

 

閉会中審査で「あんた何様!?」というような失礼な追求を続けていた某議員。

 

代表の辞任を受けて「離党もあり得るか」との問いに対し

「そうですね。」のひと言。

 

なんと情けない党なのでしょうか。

これなども、民進党議員は選挙しか見ていないという査証ではないでしょうか...。 

 

火中の栗を誰が拾うのか!?

 

火だるま状態の民進党。

燃えさかる船、沈みつつある船からは、逃亡者が続出するのでしょうか。

それとも、最後まで支えるという気概に燃える者が出てくるのでしょうか。

 

いずれにしても、現在の大火事状態。

その渦中の栗を誰が拾うのか。

拾ったところで、求心力が復活〜もともと求心力は「ない」ので「復活」という表現は正しくないですね〜するのか!?

 

_/_/

 

ところで、今話題の女性議員3人衆。

蓮舫氏、稲田朋美氏、今井絵理子氏。

他の2人については、こちらの記事もどうぞ。

 

まとめ

 

今の安倍政権〜一強政治〜を演出した演出家のひとりは「民進党」です。

民進党がだらしなさ過ぎるから「消去法で自民党を選ばざるを得ない」...こういう意見は、マスコミでの街頭インタビューなどでよく耳にするところです。

真に健全で、将来、政権も担えるような第2党が育つのか。

 

民進党は、その前身・民主党で政権能力なしは世間にさらしてしまいました。

 

そういうことを考えると、解党なのでしょうか。

 

民進党の行く末をしっかり見守っていきたいと思っています。

 

f:id:kanreki7:20170728070937j:plain

(画像出典:ヤフーニュース