未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

韓国内の情報から「韓国らしさ」を物語る実態三題♪



<スポンサードリンク>

 

韓国内のニュース情報などからも、いかにも「韓国らしい」呆れた実態を三題入手。
お楽しみください♪

 

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

ソウルのプール、驚くべき水質管理!?

 

実態は...

  •  7月27日、韓国・ソウル市内のプール施設の驚くべき衛生管理実態が明らかになりました。
  • なかには9カ月もの間、水の入れ替えを行わない、つまり、水質管理を事実上行っていない施設もありました。
  • 野党・正義党の李貞美(イ・ジョンミ)議員が文化体育観光部とソウル市から提出を受けたソウルのプールに関する資料によると、ソウル市内122カ所のプールの水入れ替え回数は平均で約1カ月に1回(民間30日、公共29日)でした。
  • このうち、ある民間施設では最大9カ月間(263日)も水の入れ替えが行われず、子ども専用プールでも4カ月間(133日)水を使い回していた施設がありました。
  • 毎日水を入れ替えていた施設はわずかに2カ所のみ、その他、入れ替えが「毎週」の施設は38カ所、「1〜2週に1回」が28カ所などで、入れ替え頻度が月1回に達しない施設も28カ所(23%)ありました。

 

李議員は...

  • 施設が時間や費用を惜しみ水の交換を適切に行っていないものと分析。
  • 韓国ではプールの水質管理項目に大腸菌以外の一般細菌が含まれていない点を問題として指摘。
  • 世界保健機関(WHO)や日本、ドイツ、米国など先進各国では、一般細菌もプールの水質管理基準に含まれています。
  • 今後、全国的にプールの安全衛生に関する実態調査を行う必要性を指摘。

 

韓国のネットユーザーの声

  •  うぇっ、汚い!
  • 9カ月ってさすがにおかしいだろ。
  • 目に見えないだけで、細菌がぷかぷか…。
  • まるで細菌の養殖場。
  •  名店で出汁でも取ってるつもりか?
  • いろんな排せつ物が熟成された水を飲みに行くようなもの。
  • 毎日交換してる所と、9カ月入れ替えてない所、教えてもらうわけにはいかないの?
  • 今も知らずに汚水の中を泳いでいる人がいるはず。施設名を明かしてくれ。
  • 確かにプールの水はいつも腐ったような臭いがする。
  •  プールはいつもなんだか汚い感じがする。
  • ソウルだけでなく、全国のプールのほとんどが同じようなものだろう。

 

「出前天国」の韓国、酷い衛生状態と最悪の食材

 

2017年7月12日、食事デリバリー文化が発達し「出前天国」とも呼ばれる韓国で、KBSテレビが、管轄機関の取り締まりチームと共に取材に入った出前専門店の驚くべき実態を伝えました。

 

ある出前専門店

  • 受付用の電話十数台を備え、50種余りのメニューを提供する出前専門店。
  • 店には看板も出ておらず、厨房の壁には黄色い油がべったりと付着。
  • 天井にはクモ巣まである。
  • 保管されていた食材の中には、消費期限が過ぎたものもあった。

 

ある夜食出前専門店

  • 調理場も、清潔からは程遠い。
  • 壁面は一面真っ黒く汚れ、床には調理された料理の鍋がじかに置いてある。
  • 入り口も開け放しで、食べ物に異物が入る恐れも否定できない。

 

取材を受けた店側の言い訳

  • どこの食堂も衛生面で引っ掛からない所はないはずだ。
  • 掃除は随時しているが、毎日はできない。
  • 日当暮らしで生活が苦しく誰も掃除などしようと思わない など。

出前専門店は客が直接訪れないことから衛生管理がおろそかになっている所が多く、調理過程や衛生状態を確認できない全国の出前専門店は25万カ所に上ると推定されます。

 

韓国のネットユーザー

  • ひどい衛生状態、それに最悪の食材だ。
  • 自営飲食店の90%は詐欺。
  • 自分の家族が食べると思ったらそんなことするかな?
  • 客の胃袋はごみ袋?どうか金もうけだけに執着せず、人の口に入る食べ物にも気を使ってほしい。
  • 掃除する時間がないのなら飲食業はやめてくれ。
  • 役所が随時調査して取り締まるべき。引っ掛かった店は3年間営業できないようにして。
  • 最近では冷凍食品も多いし味もなかなか。出前を取るなら冷凍食品を食べて。
  •  冷凍食品会社も変わらないかも。

 

かつて出前専門店でアルバイトをしていた人

  • もっと汚かったかも。トイレに行かずに空き缶に用を足したり、手を洗わずに調理したり。だから僕は絶対に出前を取らない。

 

飲食店の経営者

  • 「毎日綺麗に掃除してるけど、この3年検査されたことがない。店にも問題はあるけど、公務員がろくに仕事もしないで状況が良くなるわけがない」と公務員側の責任問題の指摘。

 

日本の自販機数は韓国の100倍、民度の差か


2017年7月6日、韓国・ヘラルド経済は、日本と韓国で設置数に100倍もの差があるという自動販売機について取り上げ、両国の自販機が置かれた環境の違いを伝えました。

 

実態...

  • 日本自動販売機工業会と流通業界によると、昨年末基準で日本の自販機の数は494万1400台、飲料や食品、アイスクリーム、たばこなど生活用品の自販機が364万8600台とその大半を占め、全体の販売額は47億3603万円に達する。 
  • 一方、韓国の食品医薬品安全処(食薬処)が集計した韓国の自販機数は3万4556台。日本の約100分の1の水準。
  • 実は韓国で自販機は毎年のように衛生問題を引き起こす悩みの種の一つになっており、この台数の差にはそうした背景も影響している。 
  • 2015年に食薬処が集計した食品販売店の自販機監視違反件数は413件、衛生に関する施設基準を満たしていないケースが287件に達した。また今年初めにソウル市が自販機2000台を調査したところ、このうち約15%(364台)が衛生不良として摘発。

 

日本の自販機市場では...

  • 韓国のように衛生問題が大きく浮上することもなく、日本の自販機には宣伝のビラやステッカーも一切付いていない。
  • 商品の多様化も進んだことで日本の自販機は一般的な店で売られていないユニークな商品を売る街のオアシスとなり、高齢化と労働人口減少が進む中で市場はさらに大きくなるものとみられる。
  • 日本自動販売機工業会も「自販機は電力消費を低減し人件費を下げる効果的な販売手段」とし、「自販機市場はさらに成長していくだろう」と予測している。

 

韓国のネットユーザーは...

  • 日本ではいろんなものが自販機で買えてとても便利。
  • 韓国では、お金が機械に詰まったと、自販機を蹴っている人の姿をよく見る。日本と全然違う。
  • 日本にはアイスクリームの自販機があるのが不思議。
  • 自販機設置台数の差が民度の差を表しているような気がする。
  • 自販機を語る以前に日本では『ぼったくり』料金がない。疲れ切った後進国・韓国の商売人よ、日本に学べ。

 

まとめ

 

以上は、韓国側の情報に基づいています。
そろそろ韓国の人たちも、いろんな「違い」に目覚める時が来たのでしょうか。
それとも...