未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

お笑い芸人のドラマ出演〜今野浩喜、意外に冷静に分析するの巻!?



<スポンサーリンク>



 

このところ、ドラマに出演するお笑い芸人が多くなってきました。

例えば前シーズンのブルゾンちえみさん。

そして、今シーズンはお笑い芸人ドラマ出演がさらに加速しています。

それについて意外に冷静に分析する今野浩喜さんがなかなかです♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

今シーズンドラマ出演のお笑い芸人たち

 

前シーズン(4-6月期)話題のドラマ出演芸人と言えば、デビュー間もないブルゾンちえみさんです。

『人は見た目100パーセント』(フジテレビ)で主演の桐谷美玲さん、それから水川あさみさんと、タメで活躍していました♪

 

で、今シーズン(7-9月期)は、お笑い芸人のドラマ出演がさらに加速状態です♪

  • 『カンナさーん!』主演の渡部直美さん&シソンヌのじろうさん。
  • 『ひよっこ』で本格役者デビューのエレキコミック・やついいちろうさん。
  • 『僕たちがやりました』の悪徳弁護士役の板尾創路さん。
  • 『わにとかげぎす』で連ドラ初主演を果たした有田哲平さん。
  • 『セシルのもくろみ』でカリスマメイク役を演じる徳井義実さん。
  • 『能にスマホが埋められた!』で画面占有率の高い(!)安藤なつさん(メイプル超合金)。
  • 『ハロー張りネズミ』でスナックマスター役の中岡創一さん(ロッチ)。
  • 『ウチの夫は仕事ができない』で主人公の妻のマタ友役のイモトアヤコさん。

などなど。

渡辺直美さん主演の『カンナさーん!』は視聴率も好調で、ますます芸人のドラマ出演が加速しそうですね♪

 

今野浩喜さんとは...

 

今野浩喜さんは、相方が不祥事でコントができなくなってしまいまいた。

『キングオブコント』(2010年)で優勝した、力のある芸人です。

それでも、以前から少しずつ出演し活躍してきた俳優業が、今野浩喜さんのピンチを救ったようです。

 

で、Wikipediaで調べたら、今野さんテレビドラマや映画の出演が多数なので驚きました。

芸人が片手間で俳優やってる...なんていうレベルじゃないです。

「主たる仕事は俳優です!」と言い切れるくらいの活躍です。

そんな今野さんですが、やっぱり軸足は芸人にあるようで...。

 

今野さんの分析

 

芸人の俳優業での活躍について、今野さんは次のように分析しています。

  • 芸人として知ってもらえていることで、役者としては横入りさせてもらっている感じ。マイナス面を挙げるなら、制作発表などで芸人だから面白いことを言うだろうって期待されることですかね(笑)

なかなか謙虚です。

  • (ドラマ『僕たちがやりました』の出演に関しては)一応、俺にできるかな~という態度は示しましたよ。でも台本読みの段階でスタッフの反応を見て、手応えは感じました(笑)。ただ視聴者の反応が悪かったなら、それはオファーしたカンテレ(関西テレビ)が悪い。その責任まで負ってくれないと困ります(笑)

しっかり最後は笑わせる!?

  • まだ有名じゃないから、プロデューサーさんが自分だけが見つけた感があるんじゃないですかね(笑)。でも今は怖いもの見たさで使ってもらえている状態だと思うので、もう1回呼んでもらえたときが本当に評価されたときかなって思います。

この姿勢はステキです。

  • バラエティーのひな壇に役者さんも出ているし、コメンテーターで起用される芸人が増えていたりと、俳優もする芸人が増えたというよりも、ボーダーレスになって肩書が関係なくなってきただけじゃないですか。

「ボーダーレスな肩書き」という分析はいいですね〜。

  • 今回の窪田(正孝)くんを見ていても、主演って番宣も大変だし、差し入れの量なんかもすごいから無理(笑)。打ち上げのビンゴ大会では、景品でハワイ旅行とかを提供しないといけないし……。だからもしオファーがあって、差し入れや打ち上げの景品が今までどおり電動歯ブラシでよいなら考えます(笑)

やっぱり、コントが軸足なのでしょうか。

しっかり笑いで締めます♪

 

まとめ

 

今野浩喜さんは、今後もしっかり俳優として残る人だと思います。

脇を固める俳優として欠かせない人になるのではないでしょうか。

コントをやっていたときの今野さんと、マジで演技している今野さんのギャップもステキですね。

 

今後の今野浩喜さんの活躍を期待しています♪

 

f:id:kanreki7:20170731033053p:plain

(画像出典:Kinitopi)