未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

台風5号の迷走は何のメタファー!?予想13パターンで意見割れちゃう!?



<スポンサードリンク>

 

台風5号が迷走し続けています。

迷走しながらも、着実に日本に近づいてくる(>_<)

なんと世界各国がこの台風5号の進路予想をしているのですが、なんと13パターンもあるんだとか。

それほど読みにくい、予想しにくい台風なんです...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

6日(日)以降の進路読めない!?

 

台風5号が迷走中。

とても複雑な動きをしながら、小笠原諸島付近を通過し、週末にかけて北上し、日本人接近するという予想なのですが...。

6日(日)以降の進路が読めません。

 

この台風5号の進路パターンは、通常の台風と同じく世界各国が進路予想をしてますが、そのパターンは13もあるんだとか(>_<)

 

つまり、週末以降の進路が、現段階では全く読めないのです。

 

進路が読めない理由は...

 

基本、台風は高気圧の周りを沿うように進みます。

なので高気圧の大きさや壱を計算できれば、進路予想ができるわけです。

 

しかし、今回はそもそも高気圧の大きさや壱が通常とはかなり異なり、それによって世界各国の計算結果が13にも別れてしまっているのです。

 

西日本へ進んだ場合は...

 

以下、ウェザーニュースの記事から。

西日本では大雨・暴風に警戒が必要です。特に紀伊半島、四国太平洋側、九州南部などが警戒エリア。
一方で東日本は直撃しないものの、台風が運んできた湿った空気の影響で結果的に大雨になる恐れがあります。
また、北陸はフェーンによる猛暑も考えられます。

 

東〜北日本へ進んだ場合...

 

以下も、ウェザーニュースの記事から。

北、東日本は太平洋側ほど大雨、暴風に警戒。
一方で西日本や北陸・東北の日本海側は台風の間接的な影響で猛暑になる可能性があります。

 

進路が読み切れるのはいつ頃!?

 

以下も、ウェザーニュース記事から。

8月3日(木)昼頃になると、台風5号の進路がだいたい定まってきます。
台風の上陸の有無や上陸する場合はその地点がある程度固まり、雨風の予想や生活・交通への影響もより詳しくお伝えできる予定です。

 

迷走台風5号は、何のメタファーか!?

 

物事は、どういう切り口であってもメタファーとして捉えることができます。

進路が読めない台風5号、13パターンといういろんな意見がありすぎる台風5号。

個人的には、某野党の迷走が思い浮かんでしまいます(^_^;)

 

まとめ

 

いずれにしても、大雨の備えはしておきましょう。

できることとできないことがありますが、できることでもれのないようにするしかありません。

 

ところで、メタファー云々は、あくまでも個人の感じ方です。

「野党メタファー論」がお好みでない方は、政権与党でどうぞ。

 

f:id:kanreki7:20170801110911p:plain

(画像出典:ウェザーニュース)