未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【嘘はバレるの典型】橋本健市議「一線は超えてない」「夫婦関係は4〜5年前に破綻」!?



<スポンサーリンク>


 

『週刊新潮』にすっぱ抜かれた今井絵理子参議院議員と橋本健神戸市議の不倫疑惑。

その後、橋本市議が釈明会見をし「4〜5年前から夫婦関係破綻」「一線は越えていない」などを主張しました。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

フジテレビ三田アナがナイスシュート!?

 

フジテレビの情報番組『グディ!』でこの話題を扱った際、三田アナウンサーがナイスシュート!

 

橋本健市議は「夫婦関係は4〜5年前に破綻していた」と主張。

そこで三田アナ。

4〜5年前に夫婦関係破綻していたのに「どうして2歳の子がいるのか?」。

おおぅ〜、その通りだ(^_^;)

 

離婚調停中の妻側から反論

 

橋本市議の釈明会見に関し、離婚調停中の妻の弁護人から反論がありました。 

  • 4〜5年前から夫婦関係が破綻していたという事実はない。
  • 離婚については、昨年8月に夫から突然言われた。

 

2歳の子どもがいること、そして、今井絵理子氏と出遭ったあとの8月に離婚を申し出たことなどを考え合わせると...

 

橋本市議が釈明会見で話したことは「嘘」であることが濃厚です。

何がって...

  • 4〜5年前から夫婦関係が破綻していた。 

という部分ですね。 

 

一線を越えてない...

 

これについては、情報番組に出演している多くの弁護士が話していますが、同じホテルに泊まって、同じ部屋に居たということだけでも、十分に「一線は超えてしまった」と捉えられる...とのことです。

本人がどう否定しようが、世間的には「一線は越えてしまった」のです。

 

結局...

 

夫婦関係は破綻していない状況で、憧れであったスピードの今井絵理子氏と出遭って、舞い上がって一線越えちゃいました...

こんな印象を世間のほとんどが持っているってことです。

 

なので、今井絵理子氏にとっても、略奪不倫という烙印がしっくりくるわけです。

 

さすが『週刊新潮』、適確な表現です♪

 

まとめ

 

議員というのはステキな仕事です。

不倫をしようが、それを世間から強く指弾されようが、しっかりお金は入ります。

とくに参議院議員は解散がないですから、今井絵理子氏には、あと5年間、しっかりお金が入ってきます。

 

ほんと、議員は一度やったらやめられないという感じでしょうか。

こんなにステキな職業を夏休みの子どもたちに見せてくれたお二人。

「将来の職業として議員になりたい」とたくさんの子どもたちがそう思うことでしょうね。

 

未来を担う子どもたちに夢を与えることは、とても素晴らしいことですし...。

 

f:id:kanreki7:20170801144248j:plain

(画像出典:デイリースポーツ)