未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【ハウステンボス】バンジージャンプのロープ切れるも軽傷、バンジー営業は中止に



<スポンサーリンク>


 

長崎のテーマパーク「ハウステンボス」内のバンジージャンプで、ワイヤーロープが切れるという事故がありました。

幸いにも軽傷ですみましたが、バンジージャンプの営業は中止となりました。

現在、長崎県警が原因を調べています。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

事故の次第は... 

 

8/1の午後5時半ごろ、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」内のバンジージャンプで事故が起こりました。

 

福岡県の公務員男性(37)が高さ約20メートルのジャンプ台からジャンプした際、落下していったん上に跳ね上がったときに、ワイヤ部分が切れたのです。

男性は、その弾みで地面に敷いてあるエアマットに落ち、その勢いで地面に転げ落ちました。

 

幸いにも怪我は軽傷ですみましたが、大事故が起きても不思議ではない状況だったのかもしれません。 

 

ハウステンボスのバンジージャンプ

 

2015年10月から営業を開始したアトラクションです。

通常は営業の前後に点検をしているとのこと。

この日の点検では「問題点は見つからなかった」とハウステンボスの広報は発表しています。

 

ハウステンボスのコメント

お客さまを危険な目に遭わせたことは申し訳ない。原

因を究明して再発防止に努めたい。

 

なお、ハウステンボスのバンジージャンプは、2015年10月の営業スタート時には、イルミネーションで光り輝く状況のなかジャンプする『光のバンジージャンプ』ということで話題になっています。

 

そして、現在は月間で2〜3千人の利用者がいます。

 

まとめ

 

高所恐怖症のブログ管理人としては、バンジージャンプというアトラクションと、それをやりたいという人が信じられません。

 

今回の事故原因を徹底的に調査して、十分に安全を担保した上での再開を望みます。

 

また、今回の事故で分かったことについては、全国のバンジージャンプアトラクションへ、正しくフィードバックしてもらいたいですね。

 

f:id:kanreki7:20170802033019j:plain

(画像出典:アクティビティジャパン)