未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【五輪からマックが消える!?】代替どうする、日本のアプローチは...



<スポンサーリンク>



 

2020年の東京五輪・パラリンピックの選手村から「マクドナルド」が無くなること、知っていましたか?

実は、マクドナルドは今年6月、国際オリンピック委員会(IOC)のトップスポンサーから撤退。

マクドナルドの代わりに何が入るのかを気にしている選手もいるんだとか...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

すダメな人は替わりのハンバーガー店を見つける!?

 

これ一つの代替選択肢ではありますが、「ハンバーガー店だから他のハンバーガー企業から選ぶ」というのはあまりに順当すぎで、もしかしたら最悪の選択肢かも...です。

 

だって、それは単に「マクドナルドの替わりになるハンバーガーメニューを提供しよう」ということだからです。

 

なので、日本がとったプロセスはGoodです♪

 

選手はマックに何を求めていたか!?

 

選手がマックに求めていたも、そこをきちんと認識し、その希求を超えるものを創造する。

それがまっとうなる代替案でしょう。

言い換えると、「創造的な代替案」です。

マックに求めていたものは...

  • ハンバーガーそのものか
  • ポテトか
  • 軽食形態か
  • ブランドによる安心感か...etc

 

そして、掴んだ「マックに求めるもの」を少し抽象化し、目的化し、それをベースに「マックの代替を超えた新しい提供」を希求し、実現するのです。

 

だから「おにぎりショップ」でもいいかもしれませんし、「和食ショップ」でもいいかもしれません。

あるいは「ミスド」でもいいのかもしれません。

 

まとめ

 

2020年の東京五輪・パラの選手村で、マックの代替がどのような形となって実現するのか...。

いまからかなり楽しみなことの一つです。

 

あとは、IOCのスポンサーをどう実現していくか...ですね。

それ相応のお金がかかるので、簡単ことではないのかもしれません。

 

f:id:kanreki7:20170807195331j:plain

(画像出典:DiverCity)