未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【おバカキャラ封印】川栄李奈、なんと就活イベント登場だぞぅ!?



<スポンサーリンク>



 

川栄李奈さんといえば、かつて【おバカキャラ】を全面に出していましたが、女優になってから転身を図ったんだとか。

なんと、【おバカキャラ】封印で、8/7、都内で行われた大学生の就活イベントでトークしちゃったぞ。

出世したね〜♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

川栄李奈、就活イベント登場!?

 

かつてのAKB時代には【おバカキャラ】全開で活躍していた川栄李奈さん。

「おバカな私でも出来た!」みたいなノリの通信教育のCMを覚えている方も多いのでは?

今から3年前、ユーキャンのCMです。

おバカでも資格受かるか?...みたいなノリの展開CMです。

ユーキャンの教材で実際に勉強した【おバカキャラ】の川栄李奈さん。

で、実際に「薬膳コーディネーター資格」を取っちゃいました♪

 

まぁ、AKB時代は、そんなCMが来るくらいに【おバカキャラ】全開だったわけです。

 

川栄李奈とは...

 

川栄李奈さんは、神奈川県出身、1995年2月生まれの22歳です。

2010年7月に、AKB48第11期研究生オーディションに合格し、同年11月 に公園デビューします。

2012年3月にはチーム4に昇格、そして、同年11月にはチームAに異動します。

 

2013年5月には31番目のシングル『さよならクロール』のカップリング曲で「BKA48」のセンターを務めます。

「AKB48」じゃないです、「BKA48」ですから〜(^_^;)

 

で、2014年1月に上述のユーキャン企画、薬膳コーディネーターの資格取得に挑戦がはじまったわけです♪

そして、2014年には1月にドラマ初出演、4月には『笑っていいとも!』の後番組『バイキング』の水曜レギュラーになるなど、テレビへの露出がぐんと増えます。

このあたりでは、まだまだ【おバカキャラ】です。

 

そして、2015年8月にAKB48劇場で卒業公演。

エイベックス・ヴァンガードに移籍し、独り立ちします。

 

2016年には、なんとNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも出演。

着々と女優としてのキャリアを積んでいきます。

 

AKB卒業後の川栄李奈のドラマ・映画出演

 

2015年8月の卒業後、川栄李奈さんのドラマ・映画出演は凄いんです。

ちょっと列挙してみますね。

「◎話」の表記がないものは、単話ではなく連ドラに出演という意味です。

 

テレビ編(AKB卒業後)

  • 2015年8月『マジすか学園5』(バカモノ役、日テレ)
  • 2016年1月『ヒガンバナ』第2話(日テレ)
  • 2016年1月『東京センチメンタル』第3話(テレ東)
  • 2016年4月『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジ)
  • 2016年4月『連続テレビ小説 とと姉ちゃん』(NHK)
  • 2016年7月『死幣』(TBS)
  • 2016年9月『ガードセンター24』(日テレ)
  • 2016年9月『バスケも恋も、していたい』(フジ)
  • 2016年11月『とと姉ちゃん もうひとつの物語』(NHK)
  • 2016年12月『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第9・第12話(テレ東)
  • 2017年1月『感情8号線』第1話(主演・フジ)
  • 2017年3月『こんにちは、女優の相楽樹です。』第3話(テレ東)
  • 2017年4月『フランケンシュタインの恋』(日テレ)
  • 2017年7月『下北沢ダイハード』第2話(テレ東)
  • 2017年8月『ほんとにあった怖い話』(フジ)
  • 2017年9月『アシガール』(NHK)

 

映画編(AKB卒業後)

年月は公開年月です。

  • 2016年10月『デスノート』
  • 2017年9月『亜人』
  • 2018年予定『プリンシバル』
  • 2018年予定『嘘を愛する女』

 

もの凄い大活躍ですが...

 

女優転身にあたって川栄李奈が考えたこと...

 

話を冒頭の就活イベントトークに戻します。

そのトークのなかで、川栄李奈さんは「アイドルから女優にシフトした時に意識したことは?」という質問を受けました。

 

これに対しての川栄李奈さんの回答です♪

おバカキャラでやってたんですけど、キャラクターを消すようにしました。

女優として『あ、バカを前面に出している人だ』と思われないように…。

バカがバレないようにしないと…。

今も雰囲気からおとなしくしています。

 

実際に川栄李奈さんの転身は成功しているようです。

出演のドラマのほとんどでは、かつて【おバカキャラ】全開だった片鱗は少しも見えませんから...。

 

また「尊敬する人は?」の質問には、こう答えていました。

(満島ひかりさんです)静かな人かと思ったら明るい人で。

オンオフの切り替えも出来る。

私、普段明るくないので勉強になります。

 

さらに「最も気をつけていることとは?」の質問に対しては

低姿勢で生きようと思います。

周りの人にあいさつすることがいちばん大事。

お芝居がうまくても、かわいくても礼儀がなってないのがいちばんダメなので、常に意識しています。

人に対する態度はみんな見ていますから。

 

おおぅ〜、大学生に向けて御就活イベントトークとしては、バッチリですね♪

というか、川栄李奈さん幼い感じを受けていましたが、もう就活をする大学生たちとタメの年齢なんですね♪

 

さらに、トークでダメ押しです。

「カッコイイ大人とは?」の質問に対してのグッドな回答です♪

好きなことをやっている大人には余裕があると思います。

好きなことを見つけてください。

 

まとめ

 

AKB48時代の【おバカキャラ】からの転身をしっかり果たしている川栄李奈さん。

というより、今の川栄李奈さんを見ていると「AKB時代のほうがおバカ演じていたんじゃね?」...と思えちゃうほどです。

 

川栄李奈さん、これからどんどんキャリアを重ねて、ステキな女優さんになってください。

 

f:id:kanreki7:20170808050400p:plain

(画像出典:ウィキペディア)