未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

Googleで性差別論議勃発〜「性差」と「性差別」の間の折り合わない姿勢!?



<スポンサードリンク>

 

多様性で企業拡大を推進しつつあるGoogleで「性差別」論議が勃発しています。

シニアエンジニアとされる人物が、会社の多様性向上取組と「左寄り」の傾向を批判する声明文を出したからです。

社員たちはこの声明文に強く反発している模様です。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

エンジニア声明文...

 

Google社内ネットワーク上にシニアエンジニアと見られる人物から、「Google's Ideological Echo Chamber」(Googleの思想的エコチェンバー)と題した10ページの文書が投稿されました。

 

その声明が主張していることは...

  • IT業界に女性が少ないのは、偏見や差別によるものではなく、男女の生物学な違いが原因。
  • われわれは、男女差が性差別を意味すると思い込むのをやめる必要がある。
  • 会社は多様性についての保守派を阻害するのをやめよう!

ということです。

 

より具体的には、このようなフレーズがあります。

非常に進歩主義的な環境では、保守派は少数派で、あからさまな敵意を避けるために目立たないようにする必要があると感じている。

われわれは、イデオロギーが異なるそうした人々も自己表現できるようにすべきだ。

 

多様性担当責任者は...

 

この声明文を端にした論議について、最近雇用された多様性担当責任者はこう言っています。

多様性と包摂は、当社が育み続けている価値と文化の基本だ。

多様性と包摂が企業としての成功に欠かせないという、当社の信念に疑念の余地はない。

われわれは引き続き、そうした考えを支持し、長期的に取り組んでいく。

 

まとめ

 

多様性担当責任者の弁もわからないでもないですが、「多様性」を全面に出すのなら、「多様性」に反を唱える意見にも耳を傾ける風潮は必要なのかもしれません。

 

今回の件は、「本来、多様性とはどういうことか」ということを考える契機になるのでしょうか...。

 

f:id:kanreki7:20170808081812p:plain

(画像出典:BBC)