未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【怪我リスク25倍】「ビンジ飲酒」が危ないって、何をいまさら...



<スポンサーリンク>



 

筑波大学や三重大学などの研究チームが「ビンジ飲酒」と呼ばれる無茶飲みをすると、転倒や喧嘩などで怪我をするケースが25倍になるとの調査結果を発表しました。

え〜、かつてビンジ飲酒を重ねてきたブログ管理人としては、何をいまさら...です(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

「ビンジ飲酒」って新語を用いるセンスが(>_<)

 

この研究成果では大量飲酒を「ビンジ飲酒」なる新語を用いて説明しています。

「ビンジ飲酒」とは「binge drinking」ということで、「暴力的なほどの大量飲酒」ということで、短時間に多量の飲酒をすることを指します。

 

アメリカ疾病対策センターの基準によると「ヒンジ飲酒」は、

  • 男性は2時間以内に酒5杯(日本人の場合は純アルコール50グラム)以上。
  • 女性は同4杯(同40グラム)以上。

 

これアルコール度数5%のビール500ml缶で換算すると、「男性で2.5本、女性で2本」。

 

う〜ん、これなら直ぐ飲んじゃう(^_^;)

 

そんな聞き慣れない言葉をわざわざ持ち出して説明しないとパッとしない研究だということなのでしょうか(ちょっと言い過ぎ!?)。

 

でも、研究しないまでも「深酒はヤバイ、怪我しやすい」ということは身体に身に染みていますから...。

 

さて、研究です

 

2013年に健康診断を受けた20歳以上の大学生・院生2842人にヒンジ飲酒経験などをアンケート調査実施。

それを分析したところ、ヒンジ飲酒のリスクがわかったというのです。

 

もう一回書きますけど、何をいまさらです。

 

調査を指導した講師は...

急性アルコール中毒に比べて、ビンジ飲酒によるけがの危険性はほとんど知られていない。

適切な飲むスピードについても教育する必要がある。

 

えっ、わざわざ調査して、それ!?

 

まとめ

 

調査研究を紹介がてらに、ちょっと批判的に書いてしまいました。

でも、大量飲酒にリスクが多いことは、実体験からも確かです。

 

お酒は、ほどほどに楽しむことが一番です。

とくに大量飲酒は、他の人に迷惑をかけてしまうことがありますから...。

 

そういうことを考えると、若いうちに「ヒンジ飲酒」をして、ほどほどの痛い目に遭うことも必要なのかも...です。

 

くれぐれも他人に迷惑はかけないでね♪

 

f:id:kanreki7:20170808083643j:plain

(画像出典:ニュースニフティ)