未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【相棒シーズン16】反町隆史3年目突入でワンポイントの声を飛ばしたぞ!?



<スポンサーリンク>


 

テレビ朝日系列の大人気刑事ドラマ『相棒』シーズン16の放送が決定しました。

誰もが気になる杉下右京(水谷豊)の相棒は、冠城亘(かぶらぎわたる、反町隆史)の続投となりました。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

『相棒』シーズン16

 

シーズン16は10月から毎週水曜日午後9時からの放送となります。

 

そして、杉下右京(水谷豊)の相棒は、4代目相棒・冠城亘(かぶらぎわたる、反町隆史)が続投、3シーズン連続となります♪

 

4人の相棒は...

 

ドラマ『相棒』は、これまでに4人の相棒が活躍してきました。

初代・亀山薫(寺脇康文)、2代目・神部尊(及川光博)、3代目・甲斐享(成宮寛貴)、そして、4代目・冠城亘(反町隆史)です。

 

ちなみに、それぞれの相棒の担当は...

  • 亀山薫:シーズン1第1話〜シーズン7第9話
  • 神部尊:シーズン7最終話〜シーズン10最終話
  • 甲斐享:シーズン11第1話〜シーズン13最終話
  • 冠城亘:シーズン14第1話〜継続ちう♪

 

ここで気づいたかもしれませんが、4人の相棒の共通点、それは名前が「3文字」、「姓2文字、名1文字」なんです。

しかも、初代・亀山薫以外は、名前が読みにくい(^_^;)

ちなみに読み方は...

亀山薫(かめやまかおる)、神部尊(かんべわたる)、甲斐亨(かいとおる)、冠城亘(かぶらぎわたる)。

 

そうです、何か気がつきましたでしょうか。

名前のラストが「る」なんです。

 

これきっと、脚本家の「遊び」でしょうか(^_^;)

 

冠城亘の3シーズン

 

3シーズン目に突入した相棒・冠城亘(反町隆史)。

ちょっと振りかえってみましょう。

 

シーズン14で、冠城は法務省から出向という形で、杉下右京とタッグを組みます。

しかし、シーズン14の最終回では、法務省を実質的にクビになってしまい、正式に警視庁所属となるのです。

 

シーズン15では、正式に警視庁入りし、最初だけは社美彌子課長の総務部広報課配属となりますが、その後、正式に特命係配属となります。

 

シーズン16では、その正式な特命係として、再度、難事件に取り組むわけですね♪

 

シーズン16を迎えて

 

水谷豊さんのコメントです。

まさかシーズン16を迎える日が来るとは、想像もしていませんでした。

ここまで続けてこられた理由を私一人で語ることはできませんが、プロデューサーや監督、そして皆さんが、杉下右京にいろいろな可能性を見いだしているということではないでしょうか。

僕自身、右京にはまだ何かあると思っています。だから、演じていて飽きることがありませんし、次はどんな右京と出会えるのだろうといつも期待しているんです。

 

シーズン16では、相棒が“新しい世界”に突入する予感があります。

右京と亘のコンビも3年目になり、2人だからこその空気が自然に生まれてくると思いますし、シーズン15で描かれたぶつかり合い、考えの違いも出てくるでしょうから、そのあたりも楽しみです。

守るべき相棒らしさと、挑むべき相棒としての冒険。

この両方を新しいシーズンでもやっていきたい。

とにかく、何が起きるか分からない『相棒』でいたいと思います。 

 

う〜ん、いろいろ期待させてくれますね♪

 

一方、反町隆史さんのコメントです。

また新たに『相棒』に挑戦できることをとてもうれしく思います。

二度目のシーズンオフとなったこの5カ月間は、シーズン15が右京さんと亘の間に何かあるんじゃないかなという終わり方だったので、その後が気になっていました。

シーズン16では、2人の関係性に何かこれまでと違う展開が待っているんじゃないかと期待しています。

 

う〜ん、反町さんのコメントにも、思わず期待アップです♪

 

また、いつものレギュラーメンバーも登場。

10月が待ち遠しいです。

 

まとめ

 

ホント、テレビ朝日は刑事モノが得意ですね。

そんな刑事モノのなかでも、この『相棒』は人気という点で特出しています。

 

マンネリを批判されながらも、シーズン16まで来ました。

シーズン16は、良い意味でどれだけ視聴者を裏切ってくれるのか楽しみです♪

 

f:id:kanreki7:20170811061521p:plain

(画像出典:Naverまとめ)