未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【ジャケ写解禁?】ジャニーズ、コンテンツのネットフリックス化に乗り遅れる過ぎでヤバイ!?



<スポンサーリンク>


 

アマゾンなどで「ジャニーズのジャケ写真が解禁された!」と話題になっています。

8/1新しいコンテンツからジャケ写真の解禁が始まってるとのこと。

ジャニーズというと、徹底的にジャケ写真を含め、画像拡散を嫌ってきましたが、ここへ来て、ネットフリックス化の波に乗らなくてはと覚悟したのでしょうか。

遅すぎるけどね。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

「ネットフリックス化」って何!?

 

恐らく、ジャニーズのトップおじじさま、おばばさまたちは「ネットフリックス」なんて知らないのでは...冗談です〜(^_^;)

 

ネットフリックスとは動画配信サービスの最大手です。

配信形態はストリーミング。

ストリーミングとは、効率的に順次情報を送ることで、動画を見たり、音楽を聞いたりする技術です。

 

ネットフリックスは、年間、なんと6000億円をかけて独自のコンテンツ開発をしているのです。

 

そして、ネットフリックス始め、これらの動画配信・音楽配信事業がコンテンツの楽しみ方を変えたのです。

 

これまでは「所有」することがコンテンツを楽しむことでした。

その後、ツタヤなどの「レンタル」が「所有」を凌駕するほどに。

そして、ネットルフィックスなどがその「レンタル」の形態も「リアル」から「ネット」に変化させたのです。

 

もはや実物を「所有」することは博物館的な行為になってきているのかもしれません。

一部のファンの偏った趣味ですね〜。

 

ネットフリックス化したファンは...

 

聞きたいときにすぐ聞ける、観たいときにすぐに観られるという体験を積むことで、そういうニーズがますます強くなってきます。

 

そういうニーズに応えるように、定額で音楽聴き放題、映画見放題というサービスが増えてきているわけです。

 

そういうファンに対し、そういう流れに対し、ジャニーズは頑なに「NO」をつきつけてきたわけです。

 

それだけでなく、アマゾンや楽天などで「実物のCD」などを買おうとするファンに対しても、ジャケ写真すら公開しない。

 

ジャニーズは、定額ストリーミングサービスに慣れ親しんでいるファンに対して、このうえない不便をごり押ししてきたのです。

 

最近は、雑誌などもネットフリックス化し、定額&低額で100誌を超える雑誌が読み放題、見放題というサービスも増えてきました。

そんなサービスで提供される雑誌、ジャニーズの写真だけは見えなく処理したりしているんですよね〜。

それって、その処理だけでもコストかかる。

 

ネットに背を向けるのならジャニーズ商売やめたらいいのに。

 

まとめ

 

今回のジャニーズのジャケ写真解禁については、なにを今更という意見も散見されます。

また、ジャニーズの大物が「ネットは必要だよね、ジャニーズは遅れてる」という発言もしています。

 

一度乗り遅れちゃったジャニーズ、これから乗るのは...というか、全くネット利用をしていないかもしれないおじじさま、おばばさまたちが正しいジャッジをできるかな...。

 

まぁ、どーでもいいことですけどね、ジャニーズについては。

 

f:id:kanreki7:20170816051019j:plain

(画像出典:カラフルニュース)