未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

松山千春機転、搭乗者のイライラ鎮める〜搭乗手続き遅延1時間待機の機内で



<スポンサーリンク>


 

北海道出身の歌手・松山千春さん(61)が全日空の機内で、機転を利かせたスペシャルサービスで熱唱。

1時間以上フライトが遅延してイライラしている搭乗者の気持ちを鎮めました♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

搭乗手続き遅延で機内最悪!?

 

全日空1142便。

8/20の札幌(千歳空港)発、大阪(伊丹空港)行。

本来は午前11時55分出発予定でしたが...。

 

帰省ラッシュがあり保安検査場が大混雑で1時間が過ぎても出発できず、機内で待っている搭乗客のイライラムードが、いまにも爆発しそうな感じでした...。

 

救世主現れる〜松山千春熱唱!

 

たまたま同乗していた歌手の松山千春さん。

搭乗客のイライラムードを感じ、何とかしたいと思ったそうです。

自ら客室乗務員に申し出ました。

  • 機内が和むように、歌います。

 

そして、機内アナウンス用の受話器型マイクを手に取り、フライトに合わせた(?)楽曲「大空と大地の中で」の一部を熱唱しました。

  • 松山千春です。お疲れ様です。お怒りだと思いますが、地上係員も頑張っています。もう少し辛抱しましょう。

そういうMC(トーク)も忘れませんでした♪

 

この松山千春さんの贈り物に、機内のイライラムードは一気に解消、千春さんの美声が終わると拍手が起きました。

 

_/_/

 

通常、機内では保安上、搭乗客の勝手な行動は許されません。

しかし、今回は申し出を受けた客室乗務員が機長に報告。

機長が特別に許可したということで、今回の松山千春さんの熱唱が実現しました。

 

全日空によると、このようなことは「前例がない」とのことです。

 

全日空機無事離陸!

 

松山千春さんの熱唱が終わり、機内が和むと、それから数分で無事、伊丹空港へ向かって離陸しました。

 

松山千春さんの機転がなければ、険悪な状態での飛行となったかもしれませんね。

 

過去事例は...

 

全日空では「前例がない」とのことですが、これを他社、他国に目を向けると「ある」のです。

 

2011年、アルゼンチン空港で足止めを喰らった搭乗客の怒りが高まったとき、同乗していたシンディ・ローパーさんがその怒りを鎮めるために、代表曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」を熱唱したことが知られています。

 

国内では、1985年8月に上空1万メートル機内で北島三郎さんがコンサートを開催。

座席の一部を外してバンドスペースを設営、生バンド演奏で歌い上げ、それは「世界初」と報じられたのです♪

 

まとめ

 

ちょっと強面(?)の松山千春さんですが、心は温かいんですね。

 

乗り合わせた搭乗客も、急遽、松山千春ファンになった方もいるのではないでしょうか。

 

松山千春さんは到着した大阪でラジオ出演。

  • 出しゃばったことをしているなと思うけど、みんなの気持ちを考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。機長さんよく許してくれたな。

なるほど、いろんな方の思いがあって実現した熱唱だったのですね♪

 

f:id:kanreki7:20170822061901p:plain

(画像出典:デイリースポーツ)