未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

埼玉熊谷ポテトサラダO157発生、5歳女児重体(ゼンショーのスーパー)



<スポンサーリンク>


 

群馬県本社のスーパーマーケット、フレッシュコーポレーションが経営する「食彩館マルシェ籠原店」でポテトサラダを購入し食べた客、6人に腸管出血性大腸菌O157が感染、うち5歳女児が意識不明の重体、4歳男児と60歳女性が重症となりました。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

埼玉県熊谷のスーパーでO157発生!?

 

埼玉県は8/21に、熊谷市内のスーパーでO157が発生したと発表しました。

群馬県に本社を置くフレッシュコーポレーションが経営する「食彩館マルシェ籠原店」に入る惣菜店「でりしゃす籠原店」で、7日に販売された「ハムいっぱいポテトサラダ」と8日に販売された「りんごいっぱいポテトサラダ」を食べた県内居住の8人(男性4人、女性4人)が腹痛を発症。

 

それはO157で、重症者数人が入院、5歳女児は意識不明の重体であることがわかりました。

 

誤解を生みやすい報道ですが...

 

  • 「食彩館マルシェ籠原店」に入る惣菜店「でりしゃす籠原店」

という表現から惣菜店「でりしゃす」が起こした食中毒なのね...と思いがちですが、ちょっと違います。

 

食彩館マルシェ籠原店というのは、群馬本社のスーパーマーケット、フレッシュコーポーレーションです。

そして、「でりしゃす」というのは「フレッシュコーポーレーション」の関連会社、ひらたくいうといろんな事情から別会社にしている子会社みたいなものです。

 

つまり、「でりしゃす」もフレッシュコーポレーションが実質経営しているわけです。

 

_/_/

 

そもそもフレッシュコーポレーションの前身はフジタコーポレーションという会社で、2016年にゼンショーホールディングスに97.1%の株式を譲渡。

つまり、フレッシュコーポレーション=ゼンショーです。

 

ということは、今回の件、ゼンショーの店がO157を出してしまったと書き換えることができます。

 

_/_/

本件については、こちらの記事もどうぞ。

 

O157を出したということは...

 

この会社の安全管理が不徹底だという証拠です。

それ以上に怖いことは、問題の商品が販売されたのは7日と8日。

その後、2週間近く何もなかったのように販売が継続されていたわけです。

 

そのあたりの対処・対応にも驚きです。

 

O157とは...

 

そもそも、O157とは...

腸管出血性大腸菌の一種で、少量でも食中毒の原因となる。

発熱や下痢、血便を引き起こし、HUSや脳症を併発して死亡することもある。

抵抗力が弱い乳幼児や高齢者は重症化しやすい。生または加熱が不十分な肉、野菜など幅広い食品で感染例がある。75度で1分以上加熱するか塩素で殺菌する。平成8年には堺市で集団食中毒が発生し9千人以上が感染、小学生3人が死亡した。

(産経新聞より引用)

 

埼玉県熊谷の他のスーパーに大迷惑な事案ですが...

 

埼玉県熊谷市には様々な有名どころのスーパーマーケットが進出しています。

このゼンショー系列フレッシュコーポレーションのO157事案は、他のスーパーマーケットに対して迷惑この上ないことです。

 

早々に安全管理の徹底を願うばかりです。

 

まとめ

 

意識不明の5歳女児を含め、重症の全員が完治快復されることを祈ります。

そして、これを機に、他のスーパーマーケットも今一度、安全管理体制の見直しをされることを強く望みます。

 

他社のリスク事案から何をどう学び、それをどう体現するか...。

それが生き残りの一つの策であることは間違いありませんから。

 

f:id:kanreki7:20170822071428j:plain

(画像出典:foursqure)