未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

高校野球準決勝2試合(天理vs広陵、花咲徳栄vs東海大菅生)を占う!?



<スポンサーリンク>


 

8/22、高校野球がいよいよ準決勝を迎えます。

第一試合は天理(奈良)と広陵(広島)。

第二試合は花咲徳栄(埼玉)と東海大菅生(西東京)。

第二試合はいずれが勝っても、初めての決勝戦となります♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

第一試合 天理(奈良)vs 広陵(広島)

 

天理の戦績は...

  • 打撃成績:
    • 安打35、本塁打5、打率.310
  • 投手成績:
    • 29回、30被安打、9奪三振、10四死球
    • 防御率3.10
  • 対戦結果:
    • 2回戦、 6−0大垣日大(岐阜)
    • 3回戦、 2−1神戸国際大付(兵庫)
    • 準々決、13−9明豊(大分) 

 

広陵の戦績は...

    • 打撃成績:
      • 安打54、本塁打5、打率.367
    • 投手成績:
      • 36回、40被安打、30奪三振、14四死球
      • 防御率3.75

 

  • 戦績:
    • 1回戦、10−6中京大中京(愛知)
    • 2回戦、 6−1秀岳館(熊本)
    • 3回戦、 6−4聖光學院(福島)
    • 準々決、10−4仙台育成(宮城)

 

展開は...

乱打戦で2桁得点を狙う闘いになると見ています。

_/_/

投打伴に広陵が若干上を行ってるような気もしますが、過去の甲子園経験を含め「互角」ですね。

想いの強いほうが勝つというところでしょうか。

準決勝の2チームは準決勝まで勝ち上がってきたのが初めてですから、経験を踏まえると、第一試合の勝者が優勝するのかもしれません。

 

下位打線が好調な天理、一方、全試合2桁安打の広陵。

乱打戦となるのでしょうか。

 

第二試合 花咲徳栄(埼玉)vs 東海大菅生(西東京)

 

花咲徳栄の戦績は...

  • 打撃成績:
    • 安打51、本塁打2、打率.345
  • 投手成績:
    • 36回、31被安打、23奪三振、6四死球
    • 防御率1.00
  • 戦績:
    • 1回戦、 9−0開星(島根)
    • 2回戦、 9−3日本航空石川(石川)
    • 3回戦、10−4前橋育英(群馬)
    • 準々決、10−1盛岡大付(岩手)

 

東海大菅生の戦績は...

  • 打撃成績:
    • 安打42、本塁打7、打率.408
  • 投手成績:
    • 27回、23被安打、21奪三振、7四死球
    • 防御率1.00
  • 戦績:
    • 2回戦、11−1高岡商(富山)
    • 3回戦、 9−1青森山田(青森)
    • 準々決、 9−1三本松(香川)

 

展開は...

投手戦で僅差で勝負がつくと見ています。

_/_/

どちらが勝っても決勝戦進出初となります。

投打いずれも抜きんでた力を持つ両校。

第一試合以上に互角で、決勝戦みたいな展開になるのかも。

打撃力がある両校ですが、投手陣も強い。

なので、意外に投手戦になったりして...。

ただし、決勝戦に向けて、投手はそれなりに温存したいところです。

 

まとめ

 

ブログ管理人としては、優勝は第二試合の勝者だと見ています。

理由は、投打にバランスが取れているからです。

とくに第二試合の両者は投手力が凄いです。

ここまで準決勝の4チームは強力打線で得点を爆発させて勝ってきた感があります。

しかし、野球は投手が要です。

花咲徳栄と東海大菅生は、ともにここまで防御率1.00。

この勝者と戦う第一試合の勝者は、爆発してきた打線が抑え込まれて、これまでの闘い方に狂いが出てくると見ています。

 

そして、3連続で甲子園出場を果たしてきた花咲徳栄(埼玉)が初優勝を飾る...と予想しておきますね♪

 

f:id:kanreki7:20170821032303j:plain

(画像出典:アドバンク)