未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

ローラ独立要求、実質20年専属契約は不当だと主張、法廷闘争突入か!?



<スポンサーリンク>


 

人気タレント&モデルのローラさん(27)が、所属事務所リベラに対して、独立を要求していることがわかりました。

リベラの推定売上8億円の9割がローラ関連だと言われているので、ローラさんの独立要求がすんなり受け入れられる見込みは...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

タレントの独立問題と言えば...

 

過去にあったタレントの独立問題と言えば、NHKテレビ小説『あまちゃん』 で大ブレイクした能年玲奈さん。

所属事務所レプロエンタテインメントからの独立を画策するもすったもんだの大問題に。

結局、能年玲奈さんは実名でもある「能年玲奈」を捨て、「のん」と改名して芸能界復帰するも、ずっと干されたまま...。

 

また最近では、清水富美加さん。

これも同じくレプロエンタテインメントからの独立を画策するもうまくいかず。

結局、宗教団体「幸福の科学」に出家するというウルトラCでレプロから抜け出ます。

 

この能年玲奈さん、清水富美加さんの独立騒動では、改めて、芸能事務所とタレントとの契約が、タレントにとって不当な点が多いことが注目されました。

 

ローラさんの場合...

 

ローラさんは2ヶ月前、次のようなツイートをして世間の注目を浴びました。

  • 黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼を返して!

 

そして、その咆哮のようなツイートの次第が明らかになってきたのです。

 

_/_/

 

8/21、ローラさんが所属事務所リベラに専属契約の不当を理由に契約終了を求める申し入れをしていることが判りました。

 

ローラさんは2007年デビューから所属する事務所リベラに対し、代理人の弁護士を立てて、専属契約終了する協議に応じるよう求めました。

 

ローラさんが訴え、問題視しているのはその契約内容です。

ローラさんがテレビで脚光を浴びた直後、2010年7月にかわした契約です。

  • 契約有効期間が満10年と芸能界でも相当に長期な契約
  • 期間満了3ヶ月前までに契約更新しない旨伝えても、事務所の了承がなければ、さらに10年間更新できるという内容

 つまり、事務所の一方的な以降で実質20年間、不当に拘束することができるという内容で、これは公序良俗に反し向こうであるというのがローラさんの訴えです。

 

事務所社長と対立!?

 

所属事務所リベラには、ローラさんが信頼を置くマネジャーや女性役員などいましたが、5人ほどこれらのスタッフが次々と退社していきました。

いずれも事務所社長と意見対立で辞めてしまったのです。

結果、ローラさんにとって信頼できる人が事務所に居なくなってしまった状況なのです。

 

そして、ローラさん自身もアメリカでの仕事のことなどで、社長と意見対立。

また、ボランティアのために使って欲しいと拠出した2000万円の使途が不明になっているといいます。

 

これらのことで、ローラさんとしては「信頼回復は不可能な状態」であると判断し、契約終了協議を申し入れたのです。

 

リベラの金づる、ローラさん!?

 

芸能事務所リベラの推定売上は8億円と言われていますが、その9割がローラさん関連だとも言われています。

このような状況ですが、ローラさんが事務所を辞めることに、事務所も相当に抵抗することが予想されます。

 

最近は、労働基準監督署も芸能事務所の不当な契約に注目するようになってきています。

 

まとめ

 

ローラさんの件、労働基準監督署も巻き込んでの展開になるといいのかも...です。

 

若手男性アイドルの某事務所などは、世間の比率と比較すると圧倒的に未婚者だらけ。

そういうのも「おかしいな」と思っている世間の人は多いのです。

 

ローラさんの独立問題を契機に、不当な芸能事務所の契約が見直されることになるといいですね。

 

f:id:kanreki7:20170822093254j:plain

(画像出典:ヤフー検索)