未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

O157食中毒、横浜市内「安楽亭あざみ野店」で発覚、男女二人で快方へ



<スポンサーリンク>


 

ゼンショー系列食品スーパー「フレッシュコーポレーション」が運営する埼玉県熊谷市内店舗で、O157が発生したのに引き続き、横浜市内の焼き肉店でもO157が発生していたことが判りました。

患者は入院するも快方に向かっています。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

  

熊谷市内スーパーよりも早く!?

 

すでに報道されているゼンショー系列食品スーパー「フレッシュコーポレーション」が運営する埼玉県熊谷市内(2店舗)でのO157発生は、今月7日、8日のことでした。

 

しかし、今回、それよりも早く横浜市内でO157が発生していたことが判りました。

 

横浜市内の焼肉店!?

 

横浜市は8/23に先月、市内の焼肉店でO157が発生していたことを発表しました。

 

7/30に市内の焼肉店「安楽店あざみ野店」で食事をした男女2人の便からO157が検出されたのです。

 

患者は80代男性と10代女性の2人です。

今月の3日から7日にかけて、それぞれ発症。

2人とも腹痛、下痢、発熱の症状があり入院しました。

現在は2人とも快方に向かっているということです。

 

横浜市は、2人が7/30に食べたサラダ、カルビ、杏仁豆腐、ご飯などを検査中。

しかし、8/23までの段階で原因を特定できていません。

 

O157とは...

 

「腸管出血性大腸菌」といって、ベロ毒素などを産生する「病原性大腸菌」があり、この菌の代表的なものがO157です。

 

このO157による感染症は「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」により、私邸された感染症であり、確認した医師は直ちに所轄する保健所などに届け出る必要があります。

 

感染経路は、腸管出血性大腸菌で汚染された食物などを経口摂取することにより起こる腸管感染が主体です。

 

わずか50個程度の菌数でも人を発症させるに到るほど強い毒性を持っています。

また二次感染が起きやすく注意が必要です。

 

この菌は産生抵抗性が強く、胃酸んぼ中でも生存し腸に達するのです。

 

過去には、O157で死亡者も出ています。

 

_/_/

 

O157の記事については、こちらもどうぞ。


まとめ

 

今回の「安楽亭あざみ野店」で起こったO157事案も、発表はかなり遅くなりました。

ゼンショー系列食品スーパーでの発表も遅かったです。

 

消費者としては、管轄自治体からの発表が遅いことに不安を感じます。

 

また、これら2件の場合、感染源がなかなか特定できないことも共通していますが、それも心配なところです。

 

f:id:kanreki7:20170824034356j:plain

(画像出典:北京単身赴任ひとり言)