未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

民進党代表選、前原氏有利なんだとか...「だから?」「期待してないよ!?」



<スポンサーリンク>


 

蓮舫代表辞任のあとを受けての民進党代表選が今日9/1行われます。

かつて一時期だけでも民主党(民進党前身)を応援した身としては、忸怩たる思いもあり、「だから?」「どうでもいいよ」という感じなのですが...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

蓮舫代表選出で民進党は「終わった」...

 

昨年の9月に蓮舫氏を代表に選出した時点で、民進党は「終わった」と思っていました。

1年経って、案の定、その通りになったわけです。

 

蓮舫氏というと、ブログ管理人が間違って(?)、従来の自民党支持から一時、民主党を応援してしまったときに「二番ではだめなんですか!?」というフレーズを発したこと「だけ」しか印象のない政治家です。

 

その後の蓮舫氏の二重国籍問題では、相当な矛盾を抱えたまま、よく存在しているなと呆れていたものです。

 

言行不一致は必ず崩れます。

 

ブログ管理人のように、「いっときだけ」自民党支持から民主党支持に回って、大いなる反省をした有権者は多いはずです。

 

だからこその今の民進党の凋落があるわけです。

 

_/_/

代表選については、こちらの記事もどうぞ。

 

前原氏断然有利なんだとか

 

現状の代表選は、圧倒的に前原氏が有利なんだとか。

すでに代表選の前に対抗馬の枝野氏は負け戦のような発言をしています。

このタイミングで代表選挙になるとは全く思ってませんでしたので、出遅れだったのは間違いない訳ですが、それを分かった上で、これだけ熱くみなさんに応援していただいているのは、本当にありがたいことです。 

 

こういう「逃げ」の発言をする人は、絶対にトップに選んではダメです。

 

一方、前原氏ならいいのかというと...どうも(>_<)

 

前原氏は「ここで民進党を再生する」とのたまわっているようですが、そこがダメ。

 

なぜ、多くの有権者が民主党を見限ったのか。

その反省がない限り、民主党を継ぐ民進党の再生はあり得ません。

 

国会における民進党の政府「口撃」はちゃんちゃらおかしいくらい低レベルです。

ああいう場面を多く見ると、有権者にとって民進党が政権を担う選択肢にはなり得ないなと強く思います。

 

フツーに考えて、本気で再生し、捲土重来でいずれ政権を担うなら、まず解党でしょうね。

 

二大政党制には期待

 

長らく自民党を応援してきて(いっとき民主党に浮気しましたが)、そして、とくにここ1年くらいのゴタゴタを目にしていると、1党が強大になることは決していいことだとは思えません。

 

だから、二大政党制的に機能することに期待はあるのですが、その期待に民進党は「入っていない」のです。

 

かつて民主党への期待が大きかったからこそ、もう民進党には期待していのです。

 

そういう有権者の心理を民進党の先生たちはどう捉えているのでしょうか。

 

まとめ

 

繰り返しますが、かつて「いっとき」でも応援した民主党の流れを汲む民進党には、まったく期待していません。

 

だから、代表に誰がなろうが、どうでもいいです。

 

いまは、自民党の対抗馬として、どこがどう出てくるのかが興味がありますが、それが小池都知事絡みでいいのかどうかというと...かなり疑問符がついてしまいます。

 

孫の世代を託せる政党が、もうそろそろ出てきてもらわないと...。

既存政党じゃないところが...です。

 

追記

 

代表選で前評判通りに、前原氏が勝ちました。

ブログ管理人は自民党支持者ではありますが、「自民党1強で選択肢がない」状況は良いとは思っていません。

なので自民党に対抗できる党をつくろうという前原氏の考えには賛同できる部分もあります。

それでも、前身の民主党のときのことがぁ...。

 

f:id:kanreki7:20170901065346j:plain

(画像出典:Twitter)