未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

都民ファーストの会・新代表、荒木ちはるの出身、キャリア、家族〜wikiはできたて!?



<スポンサーリンク>


9/11、都民ファーストの会は、それまでの代表・野田数(かずさ)氏が同日で代表を退き、新代表に都議の荒木千陽(ちはる)氏が就任したことを発表しました。

「えっ!?、荒木ちはるさんって誰!?」という状態で、Wikipediaも急ごしらえ状態みたいです。

そこで、荒木ちはるさんの出身、キャリア、ご家族〜お父様は熊本県議会議員〜などを調べてみました♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

荒木ちはるは刺客だった!?

 

荒木ちはるさんは、7月の東京都議選で当選した都議会議員です。

東京都議会自民党で都議会議長だった川井重勇さんの選挙区、中野区から出馬し1位当選。

つまり、ぶっちゃけ荒木ちはるさんは刺客だったのです。

川井都議会議長(当時)と言えば、小池百合子さんが都知事になって挨拶回りで自民党に行ったとき、ケンモホロロの対応をした「あの方」です。

あれで一躍有名になっちゃった川井さん。

小池都知事にしっかり睨まれ、そして、やられちゃいました。

 

<東京都議選・中野区の結果>

  • 1位 荒木千陽 44104票 当選(都民ファ)
  • 2位 高倉良生 24647票 当選(公民)
  • 3位 西澤圭太 23874票 当選(民進)
  • 4位 川井重勇 22535票 落選(自民)
  • 5位 浦野智美 20106票 落選(共産)

川井さん、ダブルスコア差で落選でした(>_<)

 

荒木ちはるの前職は、小池氏の住み込み秘書!?

 

荒木さんのお父様は熊本県議会議員の荒木章博氏。

そんなこともあって、どうやら荒木ちはるさんは随分前から政治家を志していたようです。

2011年、荒木ちはるさんは当時の衆議院議員・小池百合子氏のところに押しかけ、そして、公設秘書となります。

聞くところによると、住み込み秘書だったとか。

小池百合子氏の間近で、24時間365日、その政治姿勢や考え方をしっかり学んできた方なのですね。

公設秘書となった2011年以来、7年間、しっかり「小池百合子氏2世」的な修行(?)をしてきた荒木ちはるさんですから、小池氏が都知事を目指し、そして、それを果たしたとき、小池都知事についていくのは当然のことでした。

衆議院議員公設第一秘書から、小池都知事の事務所所長になります。

そして、都民ファーストの会、推薦として中野区から刺客として選挙に出たのです。

前述の川井氏の対抗馬として中野区から出ることについては、荒木ちはるさん自ら、小池都知事に申し出たと言われています。

小池氏のガッツも受け継いでいるんですね。

頼もしい限りです♪

 

荒木ちはるのWikipediaはできたて!?

 

都民ファーストの会・新代表として、急遽、スポットライトを浴びるようになった荒木ちはるさん。

そうなると、みなさんWikipediaで調べますよね。

ブログ管理人も同じことしました。

でも、いかにも急ごしらえのWikipedia。

いまのところWikipediaよりも、荒木ちはるさんの公式サイトのほうがいろいろ情報があります。

こちらです。

 

公式サイトによると…

 

荒木ちはるさんの公式サイトから、プロフィールと政治理念の2つをピックアップしますね。

 

荒木ちはるさんのプロフィール

  • 1982年3月1日生まれの35歳。
  • 小池百合子衆議院議員公設第一秘書(秘書歴6年)。
  • 小池百合子東京都知事事務所所長。
  • 7月から東京都議会議員(中野区選出)。
  • 久留米大学法科大学院法務研究科修了。
  • 行政書士、宅地建物取引士。
  • 趣味、甥っ子とおでかけ(ほか)
  • 家族は両親、姉、妹、弟

趣味のところに「甥っ子とおでかけ」と書いてあることでわかるように、荒木ちはるさんは独身です。

 

14項目の政策・理念

  1. 忖度だらけの古いと議会を新しく
  2. 「のり弁」をやめます
  3. 利権を一掃します
  4. 待機児童対策を加速します
  5. 教育の機会を増やし、質を高めます
  6. 命を守る、頼れる東京
  7. 健康・長寿を誇る首都・東京へ
  8. ライフ・ワーク・バランスの徹底
  9. 成長し続ける都市・東京へ
  10. オリンピック・パラリンピックを成功へ導く
  11. 都民ファーストの視点で行政改革を徹底します
  12. 「多摩格差」を解消し、島しょ地域の魅力を世界へ発信します
  13. 都民の食と安全と安心を守ります
  14. スモークフリー社会

ブログ管理人、高齢の母が東京一人暮らしということもあって、上記のなかでは「7」の実現を強く願っています。

_/_/

ちなみに...

熊本県議会議員であるお父様、荒木章博さんの公式サイトはこちらです♪

そのサイトによると...

  • 29歳で市議会議員に初当選を果たし、市議3期・県議3期を務めさせて頂きました。

とのことで、若い頃から政治家としてバリバリと活躍されてきたようです。

そういう血筋を荒木ちはる・都民ファーストの会・新代表は受け継いでいるのですね。

 

まとめ

 

都民ファーストの会は、男だらけで柵(しがらみ)の多い既存政党とは違うということを体現するには、新代表・荒木ちはるさんの就任は、「なるほど納得!」です。

ブログ管理人、現在母が東京都某区に住んでおりあしげく通っており、東京都には、いろんな不満があります。

是非、そういうものひとつひとつを荒木ちはる新代表のもと、具体的に改革、改善をしていっていただきたいなと願っています。

 

f:id:kanreki7:20170912070227p:plain

(画像出典:荒木ちはる公式サイト)