未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

O157子供死亡〜ゼンショー系列「でりしゃす六供店」サラダで発症?



<スポンサーリンク>


ゼンショー系列「でりしゃす六供店」(群馬県前橋市六供)でポテトサラダなどを購入し食べて発症したO157患者のうち、子供1人が死亡したことがわかりました。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

「でりしゃす」4店舗で発症20人!

 

「でりしゃす」の4店舗でサラダ等を購入して食べた結果、O157を発症した方は、昨日、新たに判明した人を含め、計20人になりました。

 

そのうち、子供が1人死亡したことがわかりました。

 

現状では、感染元が未だに判らないということであり、死亡のことを含め、群馬県前橋市による会見が9/13、15時から予定されています。

 

_/_/

 

会見の内容が明らかになりましたら、この記事に追記する予定です。

 

全国9都県で同じDNA型感染者144人!?

 

全国9の都県で同じDNA型の感染者は8/14〜8/20の間に144人にも及ぶことが国立感染症研究所調べで判りました。

 

研究者の話によると、DNA型が同じものであったとしても、感染元が同じだとは限らないとのことです。

 

でりしゃす店舗は営業再開

 

営業をやめていた「でりしゃす」各店は、いろいろな対策をした後、7日に営業を再開していました。

しかし、9/13、O157発症者のうち子供死亡が明らかになり、「でりしゃす六供店」は、営業を中断している模様です。

 

サラダの販売形態を変更したり、かなり順当な改善をしたように報道されています。

 

まとめ

 

本件については、でりしゃすや、ゼンショー系列以外のスーパーマーケットにとって、他人事ではありません。

 

そして、昨今、惣菜が充実している食品スーパーが、スーパーの売りの一つにもなっていて、かつ、働く主婦にとってありがたい存在でもあるので、早く原因を突きとめて欲しいところです。

 

そうしないと、消費者としても安心して利用できなくなってしまいます。 

 

f:id:kanreki7:20170913141234j:plain

(画像出典:フレッシュコーポレーション)