未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

O157女児死亡は2次感染、つまり店舗内感染か~でりしゃす六供店



<スポンサーリンク>


前橋市保健所は、9/13午後3時から会見を開き、今回の件で3歳女児が亡くなったことや、それが店舗内の2次感染かもしれないなどの報告をしました。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

女児感染は2次感染か!?

 

死亡した3歳女児は、家族とともに前橋市に帰省中でした。

そして、「でりしゃす六供店」で購入した惣菜などを家族ら11人で食べました。

その11人のうち3歳女児以外にも60代女性がO157に感染しました。

2人が共通して食べたのは、「エビの炒め物、タケノコの炒め物、きんぴら、天ぷら」の4品でポテトサラダは食べていませんでした。

 

このことから前橋市保健所は次のような可能性について言及しました。

  • 加熱調理後に店舗内で2次汚染した可能性が強い。

 

それは次のような理由によります。

  • 同店は客が自ら大皿に盛られた総菜を取り分けていたため、トングの使い回しなどによって菌が付着した可能性があるという。
  • 六供店では、食品ごとに分ける決まりだったトングが交ざっていても放置。
  • まな板や包丁を食材ごとに使い分けていなかった。
  • 以上のような衛生管理上の問題があったとして、前橋市保健所は先月、改善を指導していました。

 

しかし、これまでの調査で調理場などからO157は検出されていません。

 

感染源はポテトサラダだと断定!

 

この一連の食中毒問題は、ゼンショー系列「フレッシュコーポレーション」(群馬県太田市)が運営する「でりしゃす」の埼玉、群馬両県内の4店で、8月にポテトサラダや別のサラダを買って食べた20人がO157に感染。

埼玉県は、県内の感染者10人が共通して食べた唯一の食材がポテトサラダだったため、感染源をポテトサラダと断定しています。

 

また、前橋市保健所は9/5に東京都から情報提供を受け、調査を開始。
この2人の菌の遺伝子型が、これまで確認された両県や関西などでの感染者の型と一致したということまでは確認できています。
しかし、肝心な感染経路がわかっていません。

 

まとめ

 

残念ながら今回、犠牲者が出てしまいました。

早々に感染経路が解明され、より根本的な対処ができることを望みます。

また、この問題を機に、全国のスーパーや惣菜店での衛生管理状態が見直され、向上することも望みます。

 

f:id:kanreki7:20170913141234j:plain

(画像出典:フレッシュシステムズ)