未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

大相撲9日目、豪栄道優勝争いトップ、千秋楽の日馬富士戦で雌雄を決するか!?



<スポンサーリンク>


3横綱休場でスタートし、その後2大関も休場という散々な秋場所。

中日全勝リターンはいなかったものの、9日目で大関・豪栄道が勝ち越し、カド番を脱出。

1敗の阿武咲が負け、今場所の優勝争いも単独トップとなりました。

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

初日、豪栄道黒星発進...

 

秋場所初日、豪栄道は前頭筆頭の琴奨菊に敗れます。

元大関の琴奨菊は力強く、大関の豪栄道はやっぱりカド番だからか力なく負けた...そういう取組でした。

豪栄道のカド番脱出に初日から暗雲漂う感じがしたのです。

 

それがまさか、9日目で優勝争い単独トップに躍り出るとは、初日の段階では全く想像できませんでした。

 

その後、白星を重ねるものの、大関らしからぬ立合いの変化などを見て「たった一度ではあっても、横綱挑戦に臨んだ大関としては情けない」と感じていたのです。

 

それが...

 

ここ数日の取組内容は激変

 

6日目、それまで全勝の阿武咲を破った一番くらいから、絶好調の「強い豪栄道」が出てきたように思うのです。

 

9日目を終わって、数字上の単独トップということだけでなく、ここ数番の取組内容から見て、一番優勝に近いのが豪栄道だと断言できます。

 

言い切ってしまいますが、秋場所の優勝ラインは「14勝1敗」もしくは「13勝2敗」です。

 

いずれの場合も豪栄道ではないかと推測しています。

 

9日目を終わっての優勝争い展望

 

9日目を終わって、3敗までの力士を列挙します。

 

<8勝1敗>

  • 大  関・豪栄道(✓)

 

<7勝2敗>

  • 前頭03・阿武咲(✓)
  • 前頭03・千代大龍(✓)
  • 前頭09・貴ノ岩
  • 前頭12・大翔丸

 

<6勝3敗>

  • 横  綱・日馬富士(✓)
  • 前頭08・宝富士
  • 前頭09・荒鷲
  • 前頭11・大栄翔
  • 前頭16・朝乃山

 

以上10力士のうち、番付と相撲内容から判断して、今後、優勝争いをするのは(✓)をつけた4力士でしょう。

番付順に

  1. 横 綱・日馬富士
  2. 大 関・豪栄道
  3. 前頭3・阿武咲
  4. 前頭3・千代大龍

 

そして、この4者の闘いに目を向けると、直接対決で残っているのは、「日馬富士 vs 豪栄道」戦のみ。

これは千秋楽結びの一番になるでしょう。

 

直接対決を残しているのが日馬富士の唯一の望み。

そして、千秋楽までに、豪栄道との星の差をあと1つでも空けてしまえば、豪栄道の優勝がその時点でほぼほぼ決まりでしょう。

 

阿武咲と千代大龍はそれぞれ小結戦の1戦ずつを残しています。

それをどう乗り切るかがポイントです。

 

豪栄道の横綱昇進あり得るか!?

 

これは仮の話です。

 

豪栄道が今場所14勝1敗で優勝、そして、来場所、横綱大関陣が揃ったなかで連続優勝を果たせば、来年初場所の「横綱・豪栄道」の実現も、ありっちゃ、ありです。

 

ものすごく短命になるとは思うのですが、短期間では、稀勢の里よりは活躍するかもしれません。

 

まとめ

 

秋場所序盤ではまったく想像できなかった今の展開。

10日目、豪栄道は、小結・栃煌山戦。

日馬富士は、前頭5・貴景勝戦。

豪栄道が勝ち1敗堅持、日馬富士が負け4敗に後退すれば...ですね♪

 

f:id:kanreki7:20170919084813j:plain

(画像出典:人生の達人NAVI)