未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【O157禍】ゼンショー系列惣菜店『でりしゃす』全17店が閉店す!



<スポンサードリンク>

ゼンショー系列惣菜店『でりしゃす』の数店舗からO157患者が発生。

3歳幼児がお亡くなりになったことなどから、ゼンショーが判断したのでしょうか。

惣菜店『でりしゃす』全17店舗が9/19の営業を持って閉店しました。

感染経路は正しく究明されるのでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

報道では...

 

  • 「でりしゃす」を運営するフレッシュコーポレーションは、「保健所の検査で重大な指摘はなかった」とした上で、食中毒問題の影響や、客の利用状況などを踏まえて、19日の営業を最後に、17の店舗全てを閉店する。

 

との報道です。

でも、フレッシュコーポレーションの親会社は、「すき家」などを運営するゼンショーです。

ゼンショーからは、「でりしゃす」絡みで、まだアナウンスは全くない様子ですが、裏では全店閉店に向け動いたのかも...という話もあるようです。

 

事実のほどはわかりませんが...。

 

O157禍をもう一度トレース

 

惣菜店「でりしゃす」の複数店舗で、商品を購入して食べた客から相次いでO157発症がありました。

 

埼玉県や群馬県の「でりしゃす」で、合計22人のお客が感染したのです。

そして、3歳の幼女が亡くなるという悲劇も。

 

前橋保健所の立ち入りでは、店舗で「包丁を使い回したり、期限が切れた消毒液を使っていたり」したことがわかっています。

 

ただし、感染食材と疑われているポテトサラダなどについて、それに使われている食材などを含め、感染経路は全く解明されていないのが現状です。

 

閉店関連であと2つ

 

17店舗全店を閉店に伴い、そこで働くパートタイマーを中心とした従業員をどうするかという問題。

 

これについては運営会社フレッシュコーポレーションによると、他のスーパーの店舗などで雇用を継続するとしています。

 

また、17店全店を閉店したのちも、感染経路等の解明については全面的に協力する旨も発表しています。

 

まとめ

 

O157禍の発端となった惣菜店全店が閉店して、それで「終わり」ということに鳴らないことを強く望みます。

 

会社のほうも、衛生管理等、自信があるのなら、全店閉店などという「イージーな策」を取るのではなく、仕組みを改革し継続すべきだったかもしれません。

 

また、別記事で書く予定ですが、「でりしゃす」のO157は、実はとんでもない影響度がある問題なのかもしれません。

 

f:id:kanreki7:20170920125308p:plain

(画像出典:日テレNEWS24)