未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

豪栄道「決戦は金曜日」だったのに、墓穴掘り千秋楽で逆転か(>_<)



<スポンサードリンク>

豪栄道、引き技繰り出してのいつもの負けを2つ続けた「あの連敗」がなければ、「決戦は金曜日」のごとく、13日目、金曜日には優勝していたのに。

引き技で連敗して、墓穴を掘って、日馬富士に逆転されそうです。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

14日目が終わり、優勝争いは2人に...

 

1差で追っていた新入幕・朝乃山が負け、そして、結びの一番の前、豪栄道が勝ち。

これで結びの一番で日馬富士が負ければ、豪栄道の優勝...でしたが、世の中そんなに甘くないです。

 

結びの一番、御嶽海も頑張ったけど、日馬富士の地力が数段上でした。

日馬富士、ここへ来て、とてもいい相撲をしています。

 

一方、豪栄道は、あたふたあたふたした取り口で、勝ったのがラッキーという感じでした。

 

<11勝3敗>

大関・豪栄道

<10勝4敗>

横綱・日馬富士

 

優勝の行方は

 

14日目で優勝争いは、豪栄道と日馬富士に絞られました。

千秋楽は、2人が直接対決。

 

ここ数日の2人の取組内容を見る限り、日馬富士が2勝するでしょう。

すなわち、本割の直接対決で日馬富士が勝ち、2人がともに11勝4敗。

 

雌雄は優勝決定戦です。

日馬富士が本割で怪我をしないかぎりは、決定戦も日馬富士でしょう。

相撲内容、そして、格が違い過ぎます。

 

仮に、優勝決定戦で、豪栄道が勝って優勝しても、横綱への道は遠くなったと言えるかもしれません。

 

だって、ここぞというときに天下の宝刀(?)引き技を出してしまうのですから。

およそ、横綱という取り口からはほど遠いです。

大関としても、かなりはずかしい内容です。

 

来場所の番付予想

 

少し前にも番付予想をしましたが、最新データから。

下記は、千秋楽で御嶽海と玉鷲が勝ち越すということが前提です。

 

(東)       (西)

日馬富士 横  綱 白  鵬

稀勢の里 横  綱 鶴  竜

豪栄道  大  関 高  安

御嶽海  関  脇 嘉  風

照ノ富士 関  脇

玉  鷲 小  結 琴奨菊

阿武咲  前頭筆頭 千代大龍

 

まとめ

 

しつこいですが、終盤をこれだけ面白くしてくれたのは豪栄道です。

なので、豪栄道が優勝しないまでもMVPなのは決まりです。

日馬富士が優勝を決めたら、それはそれでとても立派ですが、場所を面白くしたという点では、豪栄道には叶いません。

 

豪栄道の今場所の調子だと、来場所、横綱が本調子で顔を揃えると、再び負け越しも十分にありえるでしょう。

 

つまり...

 

今場所、豪栄道が逃げ切りで優勝しても、来場所続けての連続優勝の芽は「ない」です。

あの「引き技」がある限り、横綱にふさわしいと思う人も少ないでしょう。

 

f:id:kanreki7:20170919084813j:plain

(画像出典:人生の達人NAVI)