未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

けものフレンズ第2期どうなる、たつき監督(ヤオヨロズ所属)降板!?



<スポンサーリンク>


テレビ東京系列の人気アニメ『けものフレンズ』の第2期制作において、たつき監督(ヤオヨロズ所属)降板が決定し、次作がどうなるかファンがやきもきしています。

何があったのか、そしてどうなるのか...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

けものフレンズとは...

 

『けものフレンズ』は、「けものフレンズプロジェクト」によるテレビアニメコンテンツです。

監督・脚本はたつきさん(ヤオヨロズ所属)。そして、アニメーション制作はヤオヨロズです。

 

テレビ東京にて、2017年1月11日から3月29日まで全12話で放送されました。

 

物語の舞台は、「フレンズ」といわれている人間の形をした動物少女(?)たちが暮らしているサファリパーク「ジャパリパーク」です。

 

ここに人間の少女(?〜とりあえずの名前は「かばんちゃん」)が迷い込んで、動物少女「フレンズ」たちと仲良くなって、自らの正体と居場所を知るための冒険の旅を描いています。

 

いろんなコラボで火がつく!?

 

「けものフレンズ」は、熊本市動植物園、東武動物公園、札幌市丸山動物園などなど、いろいろな動物園とコラボ企画を展開しました。

 

また、コンビニのファミマとのコラボや、JRAとのコラボなども展開。

 

いろいろなところでそういう動きがあり、第1期終了の4ヶ月後には再放送が開始されるなど人気に火がつきました。再放送は、子供たちが見られる朝ということもあり、さらに子供たちにも人気が波及したのです。

 

_/_/

 

という人気の分析はありますが、個人的には、物語自体が面白いと感じています。それが人気のおおもとにあると思っています♪

 

ちなみに、『けものフレンズ』第1期の全12話は、動画配信サイト【Hulu】で今すぐ視聴することができます(記事投稿日現在)。

 

<スポンサードリンク>

 

第2期制作が発表されるも...

 

2017年7月26日に、『けものフレンズ』の第2期制作が発表されました。

しかし、9月25日、たつき監督が突如ツイッターで降板発表です。

 

 

これによると、カドカワ(制作委員会のメンバー)から降板させられた感が出ちゃっています。

そんなこともあり、事態詳細が分からぬままに、Twitterでは、カドカワに対する非難囂々状態です。

 

そして、9月27日には「けものフレンズプロジェクトA」から正式に「8月にはヤオヨロズが制作を辞退している」と発表しました。

コンセプトを引き継げば、たつき監督以外が構成・脚本を担当することは可能なのでしょうけれど、第2期がどうなるかについては、まったく判らない状況です。

 

9月27日現在で「けものフレンズ」とコラボ企画を展開している日清食品およびJRAは、それぞれのコラボ掲載サイトに「企画は当初からKADOKAWAとの正規の許諾のもとに制作された」と追記をしています。

 

また「KADOKAWAが監督を解任させた」という噂については、KADOKAWAは否定をしています。

 

一方、9月28日のテレビ東京、小孫茂社長は定例会見の席で次のように言及しました。

  • 個人の見解は差し控えるが、私どもも、全国、世界の(けものフレンズ)ファンと同じ思い。なんとか将来、すでに発表されている第2団ができる方策を模索できれば。それが実現できるように、実現できて、ファンの皆さんに喜んでいただけるような努力を惜しまないつもりです。

 

まとめ

 

「けものフレンズ」な、なかなか素敵な物語展開のアニメです。

第1期最終話は、次に続くものがあるという形で終わっていますので、当然、ファンは第2期を心待ちしているわけです。

 

制作側において、どんな齟齬があったかは判りませんが、きちんと収拾をして、発表通りに第2期の制作がスタートすることを望みます。

 

f:id:kanreki7:20171003175845j:plain

(画像出典:pixabay)