未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

音喜多駿、上田令子、都民ファースト離脱へ〜裏切り者は何度も裏切る!?



<スポンサードリンク>

都民ファーストの会所属の音喜多駿、上田令子の両議員が党を離れることを決めた模様。これに対しては、賛否両論というか、どちらかというと賛辞が多いかも。

ところで、一般的には、組織が難局のとき堪えどころがない人は、何度でも組織を見限るのかもしれません。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

難局を支えて活性してナンボ

 

組織というのは常に浮き沈みがあります。良いときもあれば悪いときもある。ずっと悪いときが続くこともある。

そして、組織が矛盾や問題をたくさん抱えたときこそ、それをどう改革するかが組織員、とくに幹部の腕の見せ所。

沈みゆく舟から早々に逃げるのも一手だが、支えて盛り返すのも素晴らしい選択。その素晴らしい選択ができず、そういう経験を積んだことのない者は、「逃げの一手」が最善策となる。

 

矛盾や問題を抱えない組織はない。そういうところでいかに、本来のあるべき姿を再生するか。

 

逃げの理屈はいくらでもつくれる。でも、内部で本当の改革を続けていくのは、早々に覚悟が必要なこと。

 

それができるかできないかは、そもそも人間の力量なのかもしれない。

 

音喜多駿&上田令子議員が都民ファーストの会を離れる

 

いろいろ事情があるのでしょう。組織がいろいろ問題や矛盾を抱えているのでしょう。全く問題がないなら続けていたのでしょうか。一方、乗り越えられない問題や矛盾ってあるのでしょうか。

 

自分が所属する問題や矛盾を主体性なく他人事として捉えていれば、逃げの一手しかないかも...。

 

音喜多駿議員の変遷

東京都議会議員当選2回。

所属政党は...

  • みんなの党⇒
  • 無所属⇒
  • 日本を元気にする会⇒
  • 無所属(かがやけTokyo)⇒
  • 都民ファーストの会⇒次は?

上田令子議員の変遷

東京都議会議員当選2回。

所属政党は...

  • 民主党⇒
  • 無所属⇒
  • みんなの党⇒
  • 自由を守る会⇒
  • 都民ファーストの会⇒次は?

 

批判は素人でも簡単、組織再生はプロが必要

 

批判は誰でもできます。

昨夕、とあるスーパーの店前で、外見で判断して申し訳ないですけど、明らかに浮浪者らしき数人が「政治談義」をしていました。

浮浪者(らしき)だって、「政治談義」はできるのです(バカにしているわけではありません!)。

「安倍はなぁ...」とか「小池はなぁ...」と、しきりに力説しあっていました。

 

ところで、いつなんどきも、すくなからずの問題や矛盾を抱えている組織を、より活性し、再生するにはプロとしての力と頑張りと情熱が必要です。そして、そういう経験をしたことがない人は、「逃げ」ます。いろんなことを言い訳して「逃げ」ます。

 

どの政党に所属するかは結局は自由です

 

あとは、有権者が次の選挙で判断するだけです。

結局、いちばんきついときに、しっかり組織を、都民を守れるのは誰かということです。

そういうことを有権者はしっかり判断しましょう。

 

まとめ

 

裏切り者は何も裏切る...とは一般論です。

この記事は、音喜多駿議員と上田令子議員が都民ファーストの会を離党するというニュースに触発されての記事ではありますが、2人のことを言っているのではありません。

あくまでも、一般論です。

 

さまざまな窮地に、プロの底力で頑張れる議員に活躍してもらいたいなぁという願望でもあります♪

 

追記

 

ちなみに、ブログ管理人は都民でもないですし、バリバリの自民党支持者ですけど、都民ファーストの会とその所属議員、あるいは都知事に少しの悪感情も持っていません。

 

f:id:kanreki7:20171003191554j:plain

(画像出典:pixabay)