未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

角田光代原作最新映画『月と雷』10/7公開、初音映莉子&高良健吾W主演!



<スポンサードリンク>

直木賞作家、角田光代さん原作の7番目の映画となる『月と雷』が10/7に公開されます。

主演は初音映莉子さん(35)と高良健吾さん(29)のW主演です。

過去の角田光代原作映画『八日目の蝉』や『紙の月』を超える作品となるか!?

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

直木賞作家、角田光代原作作品一覧...

直木賞作家、角田光代さん原作の映画は、10/7公開の『月と雷』を含め、7本あります。

 

一覧にしてみますね。

以下、公開日順です。

なお、「Y」というのは「ヤフー映画サイトにおけるユーザー評価」で5点満点です。また、「Hulu」というのは動画配信サイトHuluでの視聴で「◎」が視聴可、「✖️」が視聴不可(いずれも記事投稿日現在)です。

 

  1. 『空中庭園』公開:2005年10月、監督:豊田利晃、主演:小泉今日子、Y 3.51、Hulu✖️
  2. 『真昼の花』公開:2005年10月、監督:秋原正俊、主演:森下千里、Y 未評価、Hulu✖️
  3. 『Presents~合い鍵~』公開:2006年12月、監督:日向朝子、主演:広末涼子、Y 3.34、Hulu✖️
  4. 『Presents~うに煎餅~』公開:2007年3月、監督、石井貴英、主演:戸田恵梨香、Y 3.10、Hulu✖️
  5. 『八日目の蝉』公開:2011年4月、監督:成島出、主演:井上真央、Y 3.94、Hulu◎
  6. 『紙の月』公開:2014年11月、監督:吉田大八、主演:宮沢りえ、Y 3.88、Hulu◎
  7. 『月と雷』公開:2017年10月、監督:安田尋、主演:初音映莉子&高良健吾、Y 未評価

 

「ヤフー映画」評点で3.5以上は、素敵な作品と判断してもいいでしょう。それからすると、『空中庭園』、『八日目の蝉』、『紙の月』などは必見かも...です♪

 

ちなみに、『八日目の蝉』と『紙の月』については、いますぐ【Hulu】で見ることができます♪

 

<スポンサードリンク>

 

角田光代さん原作の映画については、どの作品も女優を輝かせていると評判です。

 

『月と雷』のあらすじなど

 

それでは簡単に『月と雷』の紹介をしますね。

 

スタッフ&キャスト

  • 監督:安田尋
  • 脚本:本調有香
  • 主演:初音映莉子&高良健吾
  • 共演:草刈民代、藤井武美、黒田大輔、市川由衣、村上淳、木馬勝己ほか

あらすじ

物語の主人公は2人。

 

ひとりは東原智(高良健吾)。

母・直子(草刈民代)に似てモテるけど、長続きはしない男。

ちなみに、智には父親がいない。

この世に生を受けたのでいないはずはないが、誰が父親かはわからないのだ。

智が物心ついたころには、母・直子と各地を転々として暮らしていた。

 

もうひとりは辻井泰子(初音映莉子)。

幼いときに母が家出をして、自宅には愛人・直子と智がいっしょだった。

智と泰子の2人は、家の中ではいつも揃って素っ裸で過ごしていた。学校にもほとんど行かず、お互いの全身をなで繰り回して、眠りに落ちるという日々。

そして、東原母子が家を出ると、父(村上淳)は離婚をした。

父は荒れたまま他界した。

 

その2人、智と泰子が時を経て再会する。そのとき泰子には、婚約している男がいた。だけど、泰子は智といると気が楽になることに気づいてしまう…。自然に(?)2人は関係を持ち、そして、泰子の婚約は棚上げになる。

 

そして、普通でまともな生活を営むことができそうにない智に子供ができた。泰子が妊娠したのだ。

 

まとめ

 

時間が許せば、【Hulu】などで、角田光代原作映画『八日目の蝉』と『紙の月』を見てから、新作『月と雷』に臨むことをお薦めです。

 

なんともやりきれない女性の人生を、しっかりと受けとめながら作品をお楽しみください。

 

f:id:kanreki7:20171003220129p:plain

(画像出典:「月と雷」公式サイト)