未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

ドラマ『陸王』(TBS)池井戸潤原作〜あらすじと主要キャストたち



<スポンサードリンク>

ドラマ『陸王』(TBS系列)が10/15(日)からスタートです。『半沢直樹』『下町ロケット』同様、直木賞作家・池井戸潤さんの原作です。

小説『陸王』読み切りました。

あらすじと主要キャストを紹介しますね。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

ドラマ『陸王』について...

 

『陸王』は、2017年秋ドラマのなかでも、注目コンテンツになるのではと思っています。 次の2つの理由からです。

  1. 大ヒットドラマ『半沢直樹』と同じく原作が池井戸潤さんで、かつ、『半沢直樹』のスタッフが集結している〜ヒット再現の可能性大!!
  2. (ブログ管理人が)実際、小説『陸王』を読み始め、止まらなくなり、途中、何度も涙した〜感動を呼ぶパターンおてんこ盛り!!

 

それではドラマ『陸王』について、簡単に記します。

  • 放送:2017年10月15日(日)TBS系列 21時スタート
  • 演出:福澤克雄(※)、田中健太(※)
  • 脚本:八津弘幸(※)
  • プロデューサー:伊與田英徳(※)、飯田和孝(※)、川嶋龍太郎
  • 主演:役所広司
  • 共演:山﨑賢人、竹内涼真、寺尾聰、志賀廣太郎ほか
  • 公式:サイトTwitter

注1:(※)印は、ドラマ『半沢直樹』と同じスタッフです。

注2:飯田和孝さんは、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさん原作のTBSドラマ『わたしを離さないで』のプロデュースもやっています♪

 

ドラマ『陸王』の主要キャスト

 

ドラマ『陸王』、ブログ管理人が重要だと思う主要キャスト一覧です。

  • 宮沢紘一(役所広司)
    • 埼玉県行田市の老舗足袋製造業「こはぜ屋」4代目社長。
    • 足袋製造の先行きを憂い、新規事業(ランニングシューズ製造)をスタートする。
  • 宮沢大地(山﨑賢人)
    • 宮沢家長男、大学既卒(理系)で就職浪人中。就職活動をしながら、いやいや家業を手伝い始めたが、紘一は大地に新規事業を任せている。
    • 就職活動のほうは、特段の志もないからか連戦連敗。
  • 富島玄三(志賀廣太郎)
    • 「こはぜ屋」先代からの番頭格で経理を仕切っている常務。
    • トップの無謀な挑戦をとめるのは自分の役割と思っている。
  • 安田利充(内村遥)
    • 「こはぜ屋」係長、製造全般を受け持っている。
    • 宮沢社長の実務上の右腕。新規事業プロジェクトも任せている。
  • 正岡あけみ(阿川佐和子)
    • 「こはぜ屋」縫製課リーダー。
    • 宮沢社長は、新規事業プロジェクトを、安田と大地、そして、正岡に任せている。
  • 西井冨久子(正司照枝)
    • 「こはぜ屋」縫製課最年長で、新規事業に行き詰まった宮沢社長を陰日向でバックアップ。
    • 宮沢社長にタイムリーに背中を押す言葉を...。
  • 坂本太郎(風間俊介)
    • 埼玉中央銀行行田支店融資課で「こはぜ屋」担当。
    • 宮沢社長に新規事業を勧め、様々なバックアップをしてくれる恩人。
  • 江幡晃平(天野義久)
    • 「こはぜ屋」に出入りしている「椋鳩通運」のドライバーで宮沢社長の恩人の1人。
    • 昔、陸上をやっていて、ひょんなことから新規事業に関わりを持つ。
  • 有村融(光石研)
    • スポーツ店経営者。
    • 有村の話を聞き、紘一は新規事業のイメージを膨らませます。
  • 飯山晴之(寺尾聰)
    • 事業を一度倒産させた元経営者だが、シューズに使えそうな素材の特許を持っている。
    • 「こはぜ屋」の顧問就任まで一悶着あったが、新規事業の立役者の1人。
  • 村野尊彦(市川右團次)
    • シューズ開発を始めた「こはぜ屋」のライバル会社で巨大企業「アトランティス」のシューフィッターで「日本にこの人あり」と言われるほどの仕事をしている。
    • 「こはぜ屋」新規事業、飯山と並ぶほどの立役者の1人。
  • 茂木裕人(竹内涼真)
    • 「ダイワ食品」陸上競技部の選手で学生時代箱根駅伝5区で死闘を繰り返した。
    • 故障で別メニュー調整し、「アトランティス」のサポートがはずされてしまいそうな状況。

<キャスト番外>

ドラマには悪役というか敵役がつきものですが、このドラマで敵役3人はこの人たちです。偶然でしょうか、2人がお笑い芸人、そして、もう1人もお笑い芸人みたいな方です(^_^;)

  • 家長亨(桂雀々〜上方落語家)
    • 埼玉中央銀行業だ支店の支店長。
    • 「こはぜ屋」のような小さな会社は歯牙にもかけない。
  • 小原賢治(ピエール瀧〜マルチタレント)
    • ライバル会社「アトランティス」の営業部長。
    • 上に対しての自分の業績アピールしか頭になく、部下や業者の心を平気で踏みにじる。
  • 佐山淳司(小薮千豊〜お笑い芸人)
    • ライバル会社「アトランティス」で小原の部下。
    • 一応、シューフィッター!?

 

ドラマ『陸王』のあらすじ

 

かつては足袋の町であった、埼玉県行田市内で足袋製造業を営む「こはぜ屋」。およそ100年、4代続く老舗だが、ニーズ先細りが凄まじく、何か手を打たないとあっという間に傾くであろうような小さな会社。その「こはぜ屋」の4代目社長、宮沢紘一(役所広司)が物語りの主人公。

 

紘一は、先の見えない事業の打開策として、メインバンクの融資担当・坂本(風間俊介)やスポーツショップ経営・有村融(光石研)らのアドバイスもあり、ランニングシューズ開発・販売という新規事業をスタートさせます。

紘一は、この新規事業プロジェクトを就職浪人中でとりあえず家業を数ヶ月手伝っている息子・大地(山﨑賢人)らに任せますが、紘一に「やる気」が見えないことで苦慮しています。

 

そして、人材なし、技術なし、資金なしの3重苦で、紘一は様々な壁にぶちあたります。

 

そんな紘一に救いの手を差し伸べてくれるのが「こはぜ屋」の古参社員たち。そして、坂本、有村といった人たちです。

 

紘一たちは、新規事業としてのランニングシューズ『陸王』のプロトタイプを作ることができました。しかし、やはり問題は靴底のカカトにあたる部分。紘一は、新しく開発に着手しようとしますが、どうやって一歩を踏み出すか見当もつきません。

 

そんなときやはり手を差し伸べてくれたのが坂本です。彼の紹介もあって、カカトに使える素材の特許を持っている人物、飯山(寺尾聰)を「こはぜ屋」の顧問として向かい入れることができます。

 

紘一のプロジェクトは動き出しました。紘一が考えている『陸王』の当面戦略目標は、

  • 「ダイワ食品」陸上競技部の選手で、箱根でも大活躍したものの、怪我でレースから離れている茂木悠人(竹内涼真)に『陸王』を履いてもらいレースで活躍してもらうこと。

だが、名も無く、実績もない『陸王』に「ダイワ食品」の監督も、茂木本人も相手にしない状態です。

 

次から次へと湧き出てくるような大きな問題に、紘一はどう立ち向かうのか...。

「こはぜ屋」開発のランニングシューズ『陸王』は日の目を見るのか...。

 

まとめ

 

冒頭にも書きましたが、ブログ管理人は小説『陸王』(500ページちかくあります)を一気読みしました。

実際のところは、途中でやめることができずに「一気読み」になったのです。

いろいろなところで泣きました。感動しました。

 

そして、ブログ管理人にとっても、大いに参考になるビジネスや生き方における示唆のあるフレーズにたくさん出遭いました。

 

もうドラマ『陸王』に対する期待はこれ以上ないほどに高まってます。

 

そんなこともあり、これからココで、前述で列挙した重要なキャスト12人の1人1人を紹介する記事を書いていこうと考えています。乞うご期待♪

 

f:id:kanreki7:20171005191502j:plain

(画像出典:https://twitter.com/tokiimochan