未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

にゃんこスターがキングオブコント優勝かまいたちを喰う〜笑いはシンプルであれ!



<スポンサードリンク>

年に1回のコントの祭典キングオブコントは「かまいたち」が栄冠に輝きました。しかし、世間の注目を浴びたのは結成5ヶ月のピン芸人コンビ「にゃんこスター」でした。とくに、「わざとらしいほどの素人臭さを出した計算の高さ」が評価されています。

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

キングオブコントとにゃんこスター...

 

10/2に放送されたコント日本一を決める「キングオブコント」、そこで注目されたのは優勝した「かまいたち」ではなく、準優勝の「にゃんこスター」でした。

彼らはもともとピン芸人で、5ヶ月前に結成されたコンビだったのだから、そこにも注目が。

そして、決勝では松本人志さんら審査員を心底感心させ、苦笑させるほどの芸の見せたから世間の注目はマックスです!

キングオブコントとは...

キングオブコントはTBS主催で、年1回開催のコント日本一を決める祭典です。2017年の開催で10回目を迎えました。

過去の優勝者は次の方々。正直、みなさん今も大活躍...とは言い切れないのが現状です(^_^;)

  • 第1回、バッファロー吾郎
  • 第2回、東京03
  • 第3回、キングオブコメディ(解散)
  • 第4回、ロバート
  • 第5回、バイきんぐ
  • 第6回、かもめんたる
  • 第7回、シソンヌ
  • 第8回、コロコロチキンペッパーズ
  • 第9回、ライス
  • 第10回、かまいたち

う〜ん、顔すら思い出せない人たちがいます。

 

優勝賞金は1千万円ですから、頂点を目指して1年間芸を磨き上げて決勝選目指して活動するのですが、第10回準優勝者「にゃんこスター」は結成5ヶ月だったのです!

にゃんこスターとは... 

「にゃんこスター」はピン芸人2人からなるお笑いコンビです。

スーパー3助(34歳)がツッコミ、アンゴラ村長(23歳)がボケという形。

ともに、いろいろな経緯があってピン芸人として活動していました。

なかでもアンゴラ村長は、株式会社「これから」に新卒採用で入社し、社員として働きながら兼業芸人として活躍しています。そして、特技は縄跳び(^_^;)...なるほどです。

 

2人は5ヶ月前にコンビ結成。他の芸人たちが1年をかけて必死で芸の磨き上げるところを、速成でキングオブコント出場、決勝進出です。

 

で、そこで披露した芸が凄かったのです。

 

「スカシ」の徹底!?

 

「〜と思わせて、〜をしない」というのをお笑いの世界では「スカシ」といって、笑いの基本芸のひとつなんだとか。

にゃんこスターは、脇目も振らず、この「スカシ」一本で2つのネタを披露しました。

1本目の「縄跳び」で、圧倒的に場の空気感を変え、支配してしまいました。

それは「スカシ」の徹底による心地よい裏切りであり、そして、その裏切りの結果の期待だったのです。

「おひおひ、またあれやるぞ、きっとやるぞ、ほらやった、おもしろいな〜」という展開です。

 

2本目の「フラフープ」は、1本目の「縄跳び」と全く々展開です。でも、1本目で釘付けになった見る側は、山のような期待をしちゃうんですね。そして、それにやっぱり応える。

 

1本目も2本目もラストは自分たちのコンビ名を紹介するという、とっても素人くさい手法が返って笑いを誘います。「ね、やっぱり2本目も最後にやったね」という妙な安心感(^_^;)

 

『「〜と思わせて、〜をしない」と思わせて〜をする』という二重構造の笑いです。

 

まとめ

 

いまや、「にゃんこスター」は引っ張りだこ状態ですが、これからは大変です。

どこまで「にゃんこスター」独自の「スカシ」の徹底が通じるか。いつまで通じるか。寄席芸ならば10年飯が喰えるレベルですが、テレビではどうか...。

 

でも、ブルゾンちえみさんのような活躍のケースもあるわけで...。

今後の活躍に注目です。 

 

f:id:kanreki7:20171008073204j:plain

(画像出典:ヤフーニュース)