未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

ロザン宇治原「クイズ王」の虚像崩れる〜『アタック25』で実力バレた!?



<スポンサードリンク>

漫才コンビ・ロザンの宇治原史規(41)さん。

テレビ各局のクイズで大活躍し、本業の漫才以上に京大卒業の「クイズ王」として有名になりました。

しかし、10/8放送の番組でその化けの皮が剥がれた模様です(>_<)

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

超高学歴を狙ってお笑いコンビ結成!?

 

宇治原史規(うじはらふみのり)さんと菅広文(すがひろぶみ)さんのお笑いコンビ「ロザン」は結成が1996年8月ですから、芸歴ほぼほぼ20年のベテランです。

 

2人は大阪の進学校の同級生。仲良くなったきっかけは1年生のときのバスケットボール部の夏合宿。そして、3年生の4月には、菅さんから宇治原さんに「お前と話していると楽しいから芸人にならへん?」と誘い、宇治原さんが二つ返事で快諾。コンビ結成につながりました。

 

しかも、このとき菅さんのアイデアで、将来、コンビのウリにするために、「宇治原さんに京大受験」薦めました。宇治原さんは、それに応え、現役で京大合格するという快挙実現!実際、今現在、ロザンのウリは宇治原さんの「京大出身という高学歴」ですから、菅さんの先見性、凄すぎです。

 

一方、菅さんも一浪の末、大阪府立大学に合格。そして、晴れて高学歴コンビ・ロザンが誕生、お笑いオーディション出まくりの日々がはじまります。落ちまくりの日々でしたが...。

 

それでも、初挑戦から1年半、京大3年生・宇治原さんと大阪府大2年生・菅さんの高学歴・現役大学生コンビは、みごと「よしもの」のオーディションに合格します♪

 

このオーディションのとき、ロザンの2人は、現役大学生であることを伝えていなかったんだとか。合格したときにプロフィールを書かされ、そこに京大・大阪府立大と書かれているのを見た「よしもと」の社員は、あまりの高学歴に度肝を抜かれました。

 

どれだけ高学歴漫才コンビということが驚かれたのか。それは、名も無い若手がオーディションに合格した「だけ」の翌日、関西のスポーツ新聞全社から取材を受けるほどだったことからもわかります。

 

で、肝心の2人の大学生活ですが...

宇治原さんは留年&休学で9年かけて2004年3月にようやく「卒業」します。一方、菅さんは宇治原さんが「卒業」し、「京大卒」のブランドを手にしたときには、すでに大阪府立大を「中退」していました。

 

菅さんにとっては、「宇治原さんの京大卒業」で十分、ブランド的に勝負できると考えたのかもしれません。

 

ロザン・全国区はやっぱり「京大卒」が鍵!?

 

ロザンが全国区になったのは、宇治原さんのクイズ番組出演がきっかけです。

2006年5月、『平成教育予備校』(フジテレビ)に宇治原さんが初出演し、みごと優勝。そして、4連続トップを維持。特番の『平成教育委員会2006年夏休みスペシャル』でも優勝し、「京大卒ロザン」宇治原さんの名前が一躍、全国区になりました。

そして、それが契機で、テレビ各局のクイズ番組で宇治原さんは数多くの出演、優勝を重ね、「クイズ王」として有名になって今に至ります。

 

さらに凄いのは、コンビ結成前から「将来のウリにするため宇治原を京大卒にする」と考えた菅さんです。宇治原さんが「クイズ王」として全国区の注目を浴びるようになると、このときだとばかりに「宇治原の京大合格までの勉強法やコンビ結成」のことなどを綴った『京大芸人』という本を出しちゃったのです。著者は菅さんです。しかも、これだけに終わらず、もともと計画していたのでしょう、処女作出版の1ヶ月後には『京大少年』も刊行。2冊合わせて20万部のベストセラーになったのです。

 

策士・菅、凄すぎです♪

 

ピン出演ギャラや本の印税はすべて折半

 

ロザンが凄いところがもう1つあります。

ロザン全国区のきっかけは「京大卒・宇治原」のクイズ番組での活躍です。そして、それを利用(?)した、菅さんのベストセラー。

それぞれ別の仕事をしてお金を稼いだのですが、実はロザンは、宇治原さんのピンの仕事も、菅さんのベストセラーによる印税なども、すべて折半にしているそうです。

 

ロザンの2人は相当に仲が良いといわれていますが、ギャラ折半にもそれが現れているんですね。

 

『京大卒・宇治原』の虚像、崩れる!?

 

しかし、10/8放送のクイズ番組で、菅さんの構想を大きく崩す出来事が起きてしまいました。菅さんの構想が崩れる、つまり、「京大卒宇治原」のブランドに傷がついてしまったのです(>_<)

 

素人だけど図抜けたクイズの実力を持つ猛者たちが集う『アタック25』に宇治原さんが出演選抜のためのオーディションから参加したのです。強豪たちを破って、見事、本戦出場を勝ち取った宇治原さん。

「当然、優勝を狙う」と言っていた宇治原さんでしたが...。

 

『アタック25』のレベルの凄まじさだけは、菅さんも宇治原さんも読み切れなかったのかもしれません。

 

10/8放送の『アタック25』で、「京大卒・宇治原&クイズ王」のブランドが堕ちてしまいました。宇治原さん大惨敗の模様が全国ネットで流れてしまったのですから...。

  • 不正解2問、正解1問、奪えたパネル0枚

これが宇治原さんの戦果でした。これが宇治原さんの実力でした。

「ホンモノの猛者たち」が集うクイズでは、宇治原さんレベルでは歯が立たないことが証明され、宇治原さんの「クイズ王」ブランドは、虚像だったとして崩れ去ったのです...(>_<)

 

一方、芸能人たちが集うクイズ番組のレベルも露呈してしまったことになります...。テレビ各局にとって、宇治原さんはとんでもない戦犯になってしまったのかもしれません。

 

まとめ

 

これまでロザンは「クイズ王」宇治原さんだけが有名で、その相方、菅さんのことなど全く知りませんでした。

しかし、『アタック25』の大惨敗のおかげで、菅さんに一躍注目が浴びるようになったのかもしれません。これって、ある意味、チャンスです。

 

「クイズ王」のメッキが剥がれた宇治原さん、それは即、ロザンの危機でもあるのです。

 

さて、この窮地を策士・菅さんはどう切り抜けるのか。今後、ロザン、そして「元・クイズ王(?)」宇治原さんの活躍に注目です♪

 

f:id:kanreki7:20171010064900j:plain

(画像出典:何だか気になる今日この頃)