未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

札幌市の通り魔事件の容疑者は中学1年生〜少年法見直しのさらなる契機となるか...



<スポンサードリンク>

 

11/25、札幌東区路上で起こった通り魔事件。20歳代女性が背中を「知らない男」に刺されました。

 

北海道警察は11/26に容疑者を保護。なんと中学1年生(12)だったのです(>_<)

 

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

事件は...

 

11/25の午後6時頃、札幌市東区の路上で、20歳代女性が帰宅途中に背中を刺され2ヶ月ほどの重傷を負いました。

 

被害女性は刺されたあとに、通行人に助けを求めて、病院に搬送されました。女性の所持品などは奪われてはいませんでした。つまり、物取りの犯行ではありません。

 

被害女性は「知らない男に刺された」と証言、北海道警察は「通り魔事件」の可能性もあると捜査をしていました。

 

事件が起こった場所は、住宅街であり、近隣の「中学は当面、午後4時以降の部活動中止」、小学校は「教員が児童の登下校を見守り警戒」という状況になりました。

 

週を明けての登下校が心配されていましたが...。

 

容疑者保護!

 

現場近くのスーパーの防犯カメラに、被害女性の後を追っていた不審者映像があり、札幌市内の中学1年生(12)を殺人未遂の非行内容で、北海道警察は保護しました。合わせて、札幌市児童相談所に通告。

 

少年は「人を傷つけたい気持ちがあった」と話しているといいます。

 

またしても起きた少年犯罪

 

今回の容疑者のように精神バランスを崩して重大な犯罪に至る少年をどうするか。

少年法についての議論が再燃し、法的になんらかの進展があることを望みます。

 

まとめ

 

現在、少年法適用年齢引き下げなどについて法制審議会がとりまとめています。

来年以降に結論をとりまとめる見通しですが、今回の札幌通り魔事件を受けて、さらなる検討が進むのかもしれません。

 

中学1年生が「人を傷つけたい」という興味から刺すというどんでもない事件は、単にこの事件だけで収まることはないと思います。

 

f:id:kanreki7:20171127041819j:plain

(画像出典:pixabay)