未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【壊滅的日本相撲協会】日馬富士暴行関連記事を書いて判ったこと



<スポンサードリンク>

 

昨日、複数の「日馬富士暴行事件関連記事」を書きました。書くにあたって、いろいろ調べました。調べれば調べるほど、一番、問題なのは現日本相撲協会であると確信するに至りました。

 

いまの日本相撲協会では「暴力一掃」どころか、「八百長の一掃」もできず、大相撲界の斜陽は確実です。なぜなら、組織を統治し、管理できる能力を持つ者が親方理事にはいないからです。残念ながら、貴乃花親方にしても同じです。

 

結果、このままだと待っているのは人気凋落、角界の瓦解です(>_<)

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

昨日書いた記事は...

 

昨日書いた記事のおさらいです。

 

高検検事長って大丈夫!?

11/30の理事会のあとの記者会見で、危機管理委員会委員長から調査の中間報告がありました。そのなかで元名古屋高検検事長である委員長・高野利雄氏の発言に驚愕しました。

 

「貴ノ岩が日馬富士に謝っていれば、その先に行かなかった」と発言したのです。

 

つまり、貴ノ岩がきちんと謝らないから暴力事件が起きたという、驚きの加害者擁護見解です。

 

でも、高野氏が「貴ノ岩がきちんと謝らないから」と言及した時点は、日馬富士がシャンパングラスをつかんだときで、すでに日馬富士はその前にカラオケのリモコンで貴ノ岩を殴打したあとなんです。

 

高野氏って、どういう人、ホント、大丈夫な人なのでしょうか!?

 

日本相撲協会は体面だけを気にする組織!

日本相撲協会は自分たちが直面している喫緊の課題が判らず、また、本暴力事件を契機に改革をするチャンスも逸し、さらには体面ばかりを繕っています。

 

マスコミが混乱を助長!?

日馬富士暴行事件の騒動は、マスコミが混乱を助長しています。日本相撲協会の代弁者と化した大相撲リポーターたちが、「日本相撲協会を忖度しヨイショする発言」を繰り返しています。彼ら、彼女らは自らの視点が角界視点に同化し、世間の常識からズレていることに気づいていないのです。

 

日馬富士「酒が原因ではない」発言が噴飯もの!

日馬富士が引退会見時に、記者からの質問に対し、「暴力事件は酒で起きたのではない」と繰り返し主張しました。これって、「しらふの状態でも暴力を振るうべきときは、当然振るいますよ」という暴力宣言です。

「しらふでも暴力を起こす」と宣言したのですから、日馬富士は相当な危険人物です。

 

大相撲界改革のために、残る3横綱に引退勧告せよ!

 問題の認識というものは「目標の設定」と「現状認識」があってはじめてできることです。残念ながら日本相撲協会は「将来、角界をどうすべきか」という目標の設定も「現状認識」も満足にできません。結果、問題を正しく認識できないのです。そういうおバカさんな組織に提案です。

 

いっそのこと、残る3横綱全員に引退勧告をして、協会自らを崖っぷちにして組織の責任を全うしろ...という提案です。今の八角体制では無理だろうと思いますが...。

 

再度、元名古屋高検検事長の呆れた発言について

元名古屋高検検事長の呆れた発言と、それを忖度するマスゴミのことなどについて。

 

品格に欠けるのは現理事たちのほうじゃね!?

日本相撲協会の作戦がハマったという感じでしょうか。

12/1は、ものの見事に「白鵬が品格に欠く」「混乱は貴乃花親方のせい」の2点にマスコミを誘導しました。策士、日本相撲協会がね。

ホント、くだらないことに暗躍するおバカ組織です。そんなことに頭使うくらいなら、もっとまともに仕事しろ...ですね。

 

統治能力のなさを露呈しまくり

 

日本相撲協会は混乱の原因を貴乃花親方の言動であると断罪していますが、本当にそうでしょうか。

 

仮に、貴乃花親方がタイムリーに報告していたら、日馬富士暴行問題は騒動にならずに済んだのでしょうか。

 

まさか隠蔽に動くとは思えませんが、引退会見をした伊勢ヶ浜親方や日馬富士の言動を見るにつけ、暴行事件をこれだけの騒動に発展させた「誰か」に恨みを持っていることがひしひしと伝わりました。

 

_/_/

 

そして、騒動後、場所が終わって日本相撲協会がやったことは、八角理事長の15分ほどの「講話」です。それも単に「暴行はなくさなくてはならない!」という訓示です。具体性はゼロ。いまさらそんな訓示は、力士たちには全く響かない。響かない証拠は、白鵬から「貴乃花親方の元では巡業に出ない」という発言が出たのですから。

 

本当なら八角理事長は、この発言が出て直ぐに烈火のごとく怒らなければならなかった。それをうやむやにしたあげく、結果論としては白鵬の主張通りに九州巡業に貴乃花親方を帯同させないことを決めてしまった...。品格がないと理事会で叱責した白鵬のいいなりになったというわけです。

 

今後、どの面さげて白鵬に「品格が!」と叱責できるのでしょうか。

 

_/_/

 

日本相撲協会が設置した危機管理委員会の調査中間報告での委員長発言も極めつきです。

 

まとめ

 

今回の一連の騒動で判ったこと。それは、今の日本相撲協会理事たちでは、まともな組織運営ができない、統治能力はゼロということです。

 

だから、組織運営のメンバーの総入れ替えが必要なのです。

 

だいたい、相撲しかやってこなかった親方、視野の狭い親方たちに、公益財団法人を経営する力はないのです。身の程を知れ...ではないでしょうか。 

 

_/_/

 

昨日、大相撲リポーターの某女史が、そうはいっても現在の理事や、力士のなかには「理事長は八角親方でないと困る」という意見が大勢だと「ヨイショ発言」をしていました。

 

次の理事選、そして、それに続く理事長選で八角親方が再選されたら、それこそ大相撲界凋落が進行中ということになるでしょう。

 

瓦解する音が聞こえてきます。そして、税金を投入する公益法人は、外して欲しいものです。

 

f:id:kanreki7:20171201064709j:plain

(画像出典:https://article.auone.jp/detail/1/6/12/8_12_r_20171126_1511689331727634