未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

シャープ『アクオス8K』約100万円で発売〜いよいよ8Kテレビの時代か〜時期尚早だけどね♪



<スポンサードリンク>

 

シャープが12/1、8Kテレビ『アクオス8K』を発売しました。いよいよテレビは「8Kの時代」と言いたいところですが、肝心の視聴コンテンツが圧倒的に不足しています。

 

『アクオス8K』アマゾンで調べたら、税込み108万円也。どういう人が買うのでしょう。合わせて、現状の主要な動画配信サービスの高画質コンテンツ状況も調べてみました♪

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

8Kテレビ、視聴コンテンツが「ない」!?

 

12/1からシャープが販売開始した8Kテレビ「アクオス8K」。価格はアマゾン調べ、税込み108万円。これを高いと見るか、安いと見るかは微妙です。

 

なぜなら、当面予定されている「8Kの実用放送」は来年のNHKだけだからです。購入しても「8Kコンテンツ」がなければ楽しめない。

 

また、日本国内の動画配信サービスでも「8Kコンテンツ」を視聴できるところは「ない」みたいです。

 

いまさらですけど解像度の話...

f:id:kanreki7:20171201205330j:plain

(画像出典:https://tkd-crane.com/hulu/445

 

実は4Kテレビの実物すら見た事ないブログ管理人、そもそも画像の解像度について、いまさらですが調べてみました。以下「横✖️縦」のピクセル数です。

  • SD  :720✖️480
  • HD  :1280✖️780
  • フルHD:1920✖️1080
  • 4K  :4096✖️2160
  • 8K  :7680✖️4320

 

単純にSDから8Kに行くに従って、画像がきめ細やかで綺麗になるってことです。

 

比較がないとよく判らないのでちょっとだけ補足。

日本の地デジは1440✖️1080。HDとフルHDの間くらいです。またYoutubeの主流の最高画質はフルHDです。パソコンの画素数が対応していればフルHDは見ることができるということです。Youtubeで「フルHD」で検索すると、「フルHD」対応のコンテンツが出てきます。

 

ちなみに、ブログ管理人のiMacは27-inch(Late2017)で画素数が2560✖️1440です。ギリ、フルHDは見ることができますが、実際に見ても、驚くほど綺麗かどうかは判りません。最新のiMac 27-inchは画面は「5K」です。

 

主要な動画配信サービスでの「4K」事情

 

現状、「8K」どころか「4K」テレビもコンテンツ不足です。地上波で4Kは楽しめません。なんとか楽しむためには、動画配信サービスの「4K」ですね。

 

残念ながら、全部のコンテンツが「4K」OKという動画配信サービスはありません。一部「4K」コンテンツがありますよ〜というのが現状です。

 

Hulu

日本に進出した歴史が長い動画配信サービスが「Hulu」ですが、「Hulu」は「4K」コンテンツがありません。最高画質は「フルHD」です。

 

Netflix

様々なジャンルの「4K」コンテンツを配信中です♪

 

dTV

とにかく月額基本料金が500円(税抜)とめっちゃ安い「dTV」。それでも「4K」コンテンツがあります♪

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムのおまけについてくるような感じの「Amazonプライムビデオ」。料金も月額に直すと325円(税抜)と、「dTV」よりさらにお安い!

そんなにリーズナブルなのに、しっかり「4K」コンテンツがあります。とくに、「4K」対応の映画が多く配信されているようです。映画好きで「4K」を楽しみたいのなら「Amazonプライム」がお薦めです♪

 

ところで「8K」ってどんな人が買うの!?

 

「4K」ですら視聴コンテンツは少ないというのに、さらに、ほぼほぼ視聴コンテンツがない「8K」テレビを、しかも大枚100万円を支払って購入する人ってどんな人なのでしょう。

 

イノベーテイブ(革新的)なテクノロジーを前にして、人が行動(購入、所有)するパターンにはいくつかの分類があるそうです。

f:id:kanreki7:20171201212733p:plain

(画像出典:http://bizamurai.com/4472

  • イノベーター
  • アーリー・アドプターー
  • アーリー・マジョリティー
  • レイト・マジョリティー
  • ラガード 

 

アバウトに説明します。

 

イノベーターというのは「新しいテクノロジーに基づく製品を追い求める人たち」で、全体の2.5%に相当します。このイノベーターは、100万円の視聴コンテンツがない「8K」テレビを確実に買う人たちです♪

 

アーリー・アドプターは「イノベーター同様に、ライフサイクルのかなり早い時期に新製品を購入するものの、技術指向でないという点でイノベーターとは異なります人たち」です。革新的な製品が出たら即買いする人たちほどではないけど、かなり早い時期に買う人たちです。なので、12/1に出たての「アクオス8K」を買う可能性はあるものの、直ぐに買うかどうかは微妙です。

 

以下は、省略します。

 

興味のある方は、こちらの情報をどうぞ♪

 

まとめ

 

以上、12/1に発売したばかりのシャープの「8K」テレビ「アクオス8K」に関連して、いろいろ調べてみました。

 

ブログ管理人は少なくとも、早々に「アクオス8K」を買う予定はありません。「8K」の前に「4K」ですら、買う予定はありませんから(^_^;)

 

それでも、そんなに遠くない時期にiMacは27-inchの「5K」に買い換えたいとは思っています♪ 

 

そうすれば、iMacで、動画配信サービスの「4K」コンテンツは楽しめますので。

 

f:id:kanreki7:20171201204341p:plain

※元画像出典:pixabay