未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

暴力事件で引責引退の元横綱・日馬富士、そして全て失った〜自業自得!



<スポンサードリンク>

 

鳥取巡業中に貴ノ岩への暴力事件(傷害事件)を起こし、何食わぬ顔をして九州場所に出場した元横綱・日馬富士。九州場所3日目朝に事件が公になり、急遽、3日目から休場。

 

そして、場所後に万事休す。11/29に引退会見を行いました。日馬富士は全てを失って、それに同情する向きもありますが、すべては自業自得です。

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

見苦しい引退会見...

 

暴力事件に伴う引退というと、朝青龍が思い出されます。そして、今回の日馬富士の引退会見は、師匠・伊勢ヶ浜親方ともども、反省の色が少なく、とても見苦しい会見でした。

 

引退翌日のテレビ情報番組では、日馬富士の人柄などに注目し、引退を惜しむ声などが放送されましたが、大相撲大好きなブログ管理人としては、全く同情の気持ちはおきませんでした。

 

自業自得です。

 

とくに、引退会見で師匠ともども、被害者・貴ノ岩に対する謝罪は全くなし。そして、貴ノ岩に対する批難に溢れていました。どんな理由があるにせよ、頭部に9針縫うほどの裂傷を負わせたことは容認できません。

 

引退自体が容認できない!

 

個人的には日馬富士の引退自体が容認できません。事件は傷害事件として警察捜査中です。いろんな事情があったのかもしれませんが、そんな状況下で、日馬富士からの引退届をすんなり受理した日本相撲協会のやり方に納得がいきません。

 

本気で暴力一掃を実現したいのなら、警察の捜査、立件を待って、厳しい処分を科すべきだったのです。

 

弱腰すぎる日本相撲協会には自浄能力が全くないことを露呈しました。

 

帰化申請中だった日馬富士

 

日馬富士は帰化申請中で、帰化実現後は親方として後進の指導にあたる計画があったようです。それもこれも、すべて暴力事件(傷害事件)でおじゃんです。繰り返しますが、自業自得。

 

モンゴルでは貴乃花親方と貴ノ岩が悪者!?

 

モンゴルは、暴力事件の加害者を擁護する、とても変わった国です。日馬富士は早々に帰国してもらいたいものです。

 

また、組織経営能力が全くないことを露呈した日本相撲協会。来る理事選&理事長選で八角理事長が再選されるようならば、大相撲界は瓦解のはじまりです。

 

国技を滅ぼす八角理事長と日本相撲協会に怒りを感じます。

かといって、貴乃花親方に理事長が務まるとの思えません。

そもそも、親方が日本相撲協会を統括運営することに無理があるのです。

公益法人は是非、見直してもらいたいものです。

 

f:id:kanreki7:20171201064709j:plain

(画像出典:https://article.auone.jp/detail/1/6/12/8_12_r_20171126_1511689331727634