未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

アート引っ越しセンター、従業員から損害金徴収〜バカ因習がまだあったのね!?



<スポンサードリンク>

 

引っ越し大手の「アートコーポレーション」が「おバカな規定」を無くしたとの報道が流れました。

「おバカな規定」とは、従業員が作業中に損傷事故を起こしたとき、顧客に支払う賠償金の一部を従業員に負担させる制度です。

この会社、現在、非上場ですが...。

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

賠償を従業員に負担させる!?

 

故意ではなくても、会社の物品を壊したり、顧客に損害を与えてしまった場合、その損害金の一部を従業員に負担させる(天引き)という制度は、いたるところで耳にします。

 

ただし、一部上場企業などでそれをやっていたら大問題です。なぜなら、企業が顧客に損害を与えてしまった場合、それを弁済すべきはその企業だからです。それを一部であっても従業員に転化させることなどはもってのほかです。

 

前提は「故意ではない」ということです。

 

「故意でやった場合」においては、それぞれの企業の規定で正しく処理をすればいいのです。

 

_/_/

 

話を戻して、顧客の損害金の一部を従業員に負担させるということなどが、もし社内規定に明確化しているとしたら、それに関わる組合はなさけないです。

 

アートコーポレーションは非上場

 

アートコーポレーションは、2005年には東証一部企業になりましたが、諸事情があったのでしょう、2011年6月には、MBO(経営陣による自社買収)で上場廃止となっています。

 

でも、非上場だったら何をやってもOK。顧客への損害金は従業員から取るのもOK...ではありません。

 

アートコーポレーション、おバカ慣習をやめた!?

 

今回、これまでやっていたおバカ慣習をやめたというのが報道内容です。

 

そういう点では、一歩前進なのでしょうか。

 

_/_/

 

「アートコーポレーション」では、これまで、作業中に建物や物品を従業員が壊した場合、顧客に支払う賠償金の一部を従業員に負担させていました。

 

正社員の場合は、1件につき上限3万円を負担させていました。一方、品質管理手当として月1万5千円を支給していました。

 

そして、今回、その2つの制度を廃止し、働きぶりなどを評価し、賞与に反映させる方向に改めました。

 

_/_/

 

「アートコーポレーション」では、今年の10月、元従業員3人から負担金などの返還を求めて裁判を起こされていたのです。

 

元従業員の提訴

 

「アートコーポレーション」の元従業員3人が、10/10、同社と同社の労働組合に対し「未払い残業代や給料から天引きされた引っ越し事故の賠償金、天引き同意のない組合費の返還」などを求め、計約376万円の支払いを求めて、横浜地裁に提訴したのです。

 

かれらが求めていることは次の5点です。

  • 会社の賃金台帳と男性らが計算した残業代差額の支払い。
  • 「引っ越し事故賠償制度」に基づいた賠償金の返還。
  • 制度があると知らされていなかった通勤手当の支払い。
  • 業務連絡で使用した私用の携帯電話代金の支払い。
  • 天引き同意がなかった労働組合費の返還。

 

この提訴内容を見る限り、組合も残念な存在だったのかもしれません。

 

事態はかなり深刻です。

 

男性らがいた横浜都築支店では、同意がないまま給料から「引っ越し事故積立金」が勝手に天引きされていたというのです。1日500円の積み立て。それでまかなえない分については月1回の現場会議で金額が提示され、リーダーが割り勘で支払う...。

 

とんでもない内容であって、当然、労基違反です。

 

弁護士の意見です。

  • とりわけ重過失があったり、故意に落としたような事故であれば、支払いはやむを得ないが、同社が請求していたのは通常の業務で生じている損害だ。こういったものは使用者側が支払うべきで、リーダーの責任として請求するのはおかしい。

 

提訴した男性の意見です。

  • 毎月過酷な残業をして心身ともに疲れ切って、毎日睡眠不足に襲われている中で、物を壊したらお金を払えということがずっと続いていた。(事故賠償金について)自分以外にも、かなり多くの額を勝手に天引きされている人がいる。『放っておくことができない』と皆で声をあげて、訴訟を提起した。

 

この提訴については、労働組合がきちんと機能しなかったという点も重要です。

 

まとめ

 

古い慣習が様々な足かせになっているのは「角界」だけではないようです。

 

そして、そういうことを改革するのを抵抗する勢力は組織の中にあるのです。それも「角界」と同じです。

 

そういうことを考えると、「角界」の今の騒動、問題は、日本社会を反映していると言えなくもないのですね。

 

f:id:kanreki7:20171205085009p:plain

(画像出典:http://keishixx.com/archives/2980