未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

「深川八幡祭り」の富岡八幡宮宮司の女性、後継を巡り弟に刺殺される〜神社本庁の責任は!?



<スポンサードリンク>

 

「深川八幡祭り」で有名な、富岡八幡宮。その宮司の富岡長子さんが実弟に刺殺されるという凄惨な事件が起こりました。

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

富岡八幡宮とは...

 

富岡八幡宮は東京都江東区富岡にある八幡神社です。「深川八幡宮」と呼ばれ、8月にここで行われる「深川八幡祭り」は江戸三大祭りの1つとなっています。

 

また大相撲の起源とされる「江戸勧進相撲」の発祥地でもあります。

 

創建は1627年ですから、390年の歴史を誇る神社です。しかし、1945年には東京大空襲で焼失してしまいました。その後、1956年には現在の社殿が造営され今に至ります。

 

また、この富岡八幡宮は、2017年7月には神社本庁からの離脱を決定したことでもニュースになりました。

 

神社本庁からの離脱

 

話はタイトルから少し離れますが、続けます。ネタ元は2017年7月5日の週刊ダイヤモンド記事です。

 

富岡八幡神社が全国8万社の神社を束ねる神社本庁からの離脱を決定しました。どうやら、各所で神社本庁と地元神社との全面戦争が勃発しているようなのです。

 

直接的な理由は、先代宮司引退後の「宮司人事」にあるようなのです。

 

先代宮司が引退後は、長女が「宮司代務者」として宮司代行役に就いたのです。そして、その長女を正式な宮司にしようと2013年から2017年春まで、計3回、神社本庁に具申したにもかかわらず、本庁側が認めず先延ばしにしてきた結果、富岡八幡神社は神社本庁からの離脱を決定したというのです。

 

昨今、大神社と本庁との確執から本庁を離脱する神社が増えています。

 

<神社本庁を離脱した有力神社>

  • 1985年 日光東照宮(栃木県)
  • 2004年 明治神宮(東京都)2010年に復帰
  • 2010年 気多大社(石川県)
  • 2013年 梨木神社(京都府)
  • 2017年 富岡八幡宮(東京都)

 

富岡八幡宮の場合、どうして神社本庁が「宮司代務者」の長女を正式な宮司として認めないのかは定かではありませんが、神社本庁としての調整能力に疑問符がつくところです。

 

前述の離脱神社リストには入っていませんが、大分県宇佐市の宇佐神社でも富岡八幡宮同様の後継者絡みのいざこざが起きています。宇佐は日本のUSAとしても有名ですが、この宇佐神宮は、全国4万社の最大声量であり、「八幡宮」の総本宮で、かつ、伊勢神宮に次ぐ有力神社です。

 

どうやら、神社本庁は後継者の承認に絡み、全国のあちこちで問題を起こしているようです。

 

それは、後継者の制度に問題があるのか、それを認めるべき神社本庁にあるのかは...定かではありません。

 

今回の死傷事件は...

 

富岡八幡宮の宮司、富岡長子さん(58)が死傷される事件が起きました。容疑者は長子さんの実弟です。実弟が女性を連れ立って長子さんを襲い、そして、連れ立っていた女性も刺し、自らも自殺を図ったという次第です。

 

長子さん、弟、連れの女性3人が死亡しました。長子さんの運転手も重傷を負っています。

 

遠因は、前述したことから推察できるように後継者争いにあったと見られています。

 

後継をめぐるいざこざ

 

1995年頃、長子さんの実弟・茂永容疑者が父親の跡継ぎとして宮司になります。

 

茂永容疑者は、女性関係が派手などのこともあり、また怪文書が出回るなどして、2001年には茂永容疑者は宮司を辞任します。

 

その後、姉弟間でいざこざがあり、2006年には脅迫の容疑で茂永容疑者は逮捕されます。

 

そして、2010年、長子さんが宮司代理になり、神社職員だった実弟・茂永の息子が解雇されます。

 

宮司、長子さんの評判

 

5年前には天皇・皇后両陛下が「深川八幡祭り」を見学され、その際の説明をりっぱに務めます。

 

長子さんの評判に悪いことはないようなのですが...。

 

長子さんのブログの最後は、この刺殺事件があった日の午後2時頃。「世の中間違っていやしませんか?」というタイトルで宮司仲間に蔓延しているセクハラまがいの行為に立腹しています。

 

そして、その日の夜に...

 

まとめ

 

神社本庁が、なぜ長きにわたり「富岡長子さんの宮司具申」を認めなかったのか、その当りが、今回の死傷事件に大きな関わりがありそうな気がしています。

 

今回の死傷事件は、神社本庁の在り方まで問題が拡大するのではないでしょうか。

 

f:id:kanreki7:20171208084512j:plain

(画像出典:http://10jinja.tokyo/tomiokahachimangu.html