未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

ふぐの肝臓をスーパーで販売〜愛知県の「スーパータツヤ」、注意喚起するも「未回収」あり(>_<)



<スポンサードリンク>

 

愛知県のスーパーでふぐの肝臓を販売してしまうということがあり、販売側の杜撰さに驚きが...。

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

愛知県スーパーの不祥事...

 

生活に密着している地元スーパー。当然、日頃から使い慣れているお客さまたちにとって、信頼しつくして利用しているのですが...。

 

このたび、愛知県のスーパー「スーパータツヤ」で信頼を失墜するとんでもないことが起きました。

 

「スーパータツヤ」は愛知県蒲郡市内の店舗で、ふぐの肝臓を含んだ「ヨリトフグ」の切り身を販売してしまっていることが発覚。

 

購入者の一人から「パックに肝臓が入っている」と豊川保健所に連絡がはいり判明したのです。

 

愛知県は食品衛生法に基づきスーパーに回収命令を出しました。

 

この販売については、1/15に「肝臓を含んだヨリトフグ切り身を7パック」準備して陳列、うち、5パックが売れたのです。なお、店ではふぐ調理の資格者はいないようです。

 

スーパー担当者は「ヨリトフグは毒性が低く、有毒との認識がなかった」と話していますが、ふぐは種類にかかわらず肝臓の販売は禁止されています。

 

地元ではフツーに食べてた!?

 

情報によると、愛知県の蒲郡市では、地元では「ちょうちんふぐ」と呼ばれ、かつては肝臓も味噌汁や鍋で食べていたといいます。

 

でも、法律では肝臓の販売は禁止されていますし、危険なことに変わりは無いのです。

 

県は回収命令を出しましたが、残り2パックの回収ができていないといいます。県は「絶対にたべないで」と注意喚起しています。

 

いまのところ健康被害は確認されていませんが、早く回収されることを期待しています。

 

今まで何年も販売してきた!?

 

あるニュースによると、「スーパータツヤ」の経営者が次のように発言しているとのことです。

 

ニュースソースはライブドアニュースです(http://news.livedoor.com/article/detail/14163164/)。

 

「スーパータツヤ」の経営者・鈴木辰治さん:「今まで何十年も売っている。一回も事件も中毒も起きたことない。」

 

う〜ん...。

 

まとめ

 

随分前から、食品スーパーでふぐが陳列されるようになりました。それらについては、センターや店舗で資格者が調理したものなので安心です。

 

一方、肝臓については、販売してはいけないということを消費者も今一度認識したいと思います。

 

f:id:kanreki7:20180116124033j:plain

(画像出典:http://getnews.jp/archives/2007135