未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

「スピードラーニングの買取」(売却)に挑戦してみました〜石川遼がCMやってるあの教材です♪



<スポンサードリンク>

 

 

ブログ管理人、今、「モノで溢れかえっている自宅の大掃除」を実行ちう。先々月くらいから本、DVD、CDなどの処分をしまくってます♪

 

そのながれで、長く眠っていた英語教材「スピードラーニングの買取」〜こちら側からいうと「売却」です〜にも挑戦し、思い通りの結果になったので報告します。

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

 

収集癖からモノが溢れる!?

 

昔からの収集癖で、部屋中にモノが溢れかえっています。正確には「いました」です。数ヶ月前までは、本がアチコチあり過ぎて、足の踏み場もない状態。

 

本は書き込みだらけなので、売却はせず、地元のゴミ収集場に車持ち込みで1.2トン捨てました。廃棄手数料はそこそこかかりましたが、部屋は随分住みやすくなりました(^_^;)

 

収集癖は本に留まらず、2000年くらいから集め出した映画などのDVDが1000タイトルを超える状況。音楽CDもたくさんありました。それらも先月くらいから、売りまくって随分すっきりとしてきました。

 

実は、これだけなく、押し入れに眠っているパソコンが何台もあり、これもバシバシ処分しました。

 

ついでに、押し入れに長年入れたままの鞄類も売っちゃいました。

 

そういうプロセスで、「DVD買取」「パソコン買取」「鞄買取」などの業者さんと、この数ヶ月の間に関わる体験をしたのです。

 

結果、ホント、気持ちのいい部屋になりました♪

 

収集癖が意味のない時代到来!?

 

2000年前半くらいまでは、映画DVDを収集し、いつでも見たい作品を手元に置いておくということは、意味があったのかもしれません。

 

しかし、いまは動画配信サービス(SVOD〜Subscription Video on Demand)全盛です。ブログ管理人は一時6社と契約、現在、絞り込んだものの、3社と契約中です。Hulu、Amazonプライムビデオ、Netflixです。

 

で、もう手元にあるDVDで映画を見ることは、ほとんどなくなりました。何か動画を見るときは家でも、外でも動画配信サービスオンリーです。

 

また、音楽のほうもiPhone&iTunesの活用で、手元にあるCDで音楽を聴くこともなくなりました。

 

一方、本ですが、最近では購入はもっぱら電子書籍のKindleです。

 

つまり、今のネット全盛で、昔のような収集癖の多くは意味がなくってきたのかもしれません。

 

で、自分の部屋を見渡すと、無用なモノが溢れてどうしようもない。でも、売却すれば誰かが使ってくれるかもしれない...。

 

「よっしゃ、思い切って、これらをかたっぱしから処分しちゃおう...」と決意するのは自然の流れだったのです。

 

収集癖と言えば、他にも...

 

現在、スポーツ自転車(ロードレーサー、マウンテンバイク)を6台所有しています。こういうのも処分対象にしようと思っていて、現在、「自転車買取」での売却を検討中です。6台あっても、フツーに乗るのは1台ですから...。

 

次なるターゲットは「教材」!!

 

もう、収集癖は本やDVD・CD、自転車以外にも、いろいろあるんです。その、いろいろのひとつが「教材」です。

 

DVDやCDをどんどん処分して、すっきりした書棚が何台もありますが、そのなかで目立つのが教材たちです。

 

そこで、目立っているコレを処分してみることにしました。

 

f:id:kanreki7:20180123123711j:plain

 

これ、「スピードラーニング」という英語教材です。この教材の効果については、今回の記事の主題ではないので、端折ります(^_-)

 

この「スピードラーニング」は、CMでもやってるアレですね。そうです、ゴルフプロの石川遼選手がやっているCMです。

 

付属品を含め全48巻がすべてきっちり揃っているので、「それなりの価格で売却できる」と考えました。そこで...

 

_/_/

 

この2ヶ月くらいのなかで、「映画DVD買取」「音楽CD買取」「パソコン買取」「鞄買取」などの業者さんと関わる体験を複数回してきたので、そのプロセスを応用することにしました。

 

概略を示すと、次の手順です。

 

  1. ネットで買取価格相場を調べる。
  2. ネット上で検索できる複数の買取業者から相見積もりをとる。
  3. 買取をやっているリアル店舗でも買取価格を調査する。

 

とくに、「複数で価格調査をする」のがポイントですね。この手順でやれば、後悔しない売却ができるのでは...と思っています♪

 

結果、「スピードラーニングの買取」業者さんへの売却大作戦は、思い通りに進みました。

 

結論からいいますけど、私は「スピードラーニングの買取」についてはここを選択しました。

 

ここに決めた理由はいくつかあります。

 

もちろん、買い取っていただく価格が比較したところのなかでは一番高かったということもありますが、それ以上に感心したところがあるからです。

 

それは...

 

「出来る限り提示した買取見積額通りで買い取る」という姿勢です。これには驚きましたね。

 

なぜかというと複数の買取業者さんとの関わりのなかで、査定していただいても、あれこれいわれて結構な額を引かれてしまうのがフツーだったからです。

 

その点、この「スピードラーニングの買取」業者さんの場合は、「潔すぎるなぁ」と感じたのです。ちょい褒めすぎかもしれませんけど、「お客さまファーストだな」って感じです♪

 

まとめ

 

溢れかえるモノを売るという行為を、最近になって体験し、それが今面白くてたまらないブログ管理人です。

 

今回は学習教材「スピードラーニング売却大作戦」を題材に、身の回りに溢れかえるモノについて、どうするかを考えることはいいことだよ〜という記事でした。

 

今回の記事は、そうした顛末記です。抽象的な記事では面白くないので、具体的に「スピードラーニングの買取」業者との例をひとつ具体的に書いたわけです。

 

_/_/

 

この「溢れかえるモノを売る」ことを度々やってみたことで、はじめて、「買取業界というものが大きくなっているのだな」ということを実感しました。

 

テレビCMでも買取業者さんのCMをたくさん目にするようになりましたよね。

 

これからは...

 

「極端な消費や収集の時代」から「使い回す時代」へと変わりつつあるのかもしれません。

 

また、ネット全盛が、モノとの関わりを「所有から使用へと変革しつつある」のです。

 

セブンイレブンがシェア自転車をやろうとする時代ですからね〜。

 

_/_/

 

みなさんも家にある「溢れかえる不要なモノ」の売却を検討してみてはいかがでしょうか。これが結構、楽しいんですよ〜〜♪