未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

W不倫の斉藤由貴がブルーリボン賞〜32年振り受賞で本人も夫子供も驚く!?



<スポンサードリンク>

 

 

昨年、不倫で世間を賑わせた斉藤由貴さん。芸能活動のほうはしっかり継続しているようで、なんとブルーリボン賞で助演女優賞受賞が決まったんだとか(^_-)

 

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

 

医者との不倫を振りかえる...

 

昨年の8月、あの『週刊文春』が女優・斉藤由貴(50)さんと医者とのW不倫を報じ、世間を騒がせました。

 

斉藤由貴さん釈明会見をしたのですが、その内容・言動が笑っちゃうくらい「不思議ちゃん」で、さらに炎上し、毎日のようにテレビの情報番組に「話題」として登場していたのです。 

 

「恋人つなぎ」や「別宅マンション」などの内容を世間が騒ぎましたね〜。

 

あれから5ヶ月余り。斉藤由貴さん、流石に見なくなったなぁと思っていたら...。

 

いきなりのホームランで登場です(^_^;)

 

斉藤由貴32年振りのブルーリボン賞!?

 

斉藤由貴さんが2月8日に授賞式が行われる映画のブルーリボン賞で、助演女優賞に輝くことが判りました♪

 

受賞作品は昨年9月9日公開の福山雅治さん主演『三度目の殺人』です。

 

この公開日を見れば明らかですが、斉藤由貴さんのW不倫が報じられて世間が騒いでいたときには、すでに『三度目の殺人』 の撮影はとっくに終わり、公開を待つばかりだったわけです。

 

斉藤由貴さんW不倫報道で、映画のスタッフはどきまきしたでしょうね。騒動が発覚して、斉藤由貴さんはCMを降りたりという流れがありました。でも、映画では、すでにバッチリ出演シーンがあり、そこそこ重要な役なので、その部分をカットすることもできず...。

 

「ええいっ、そのまんま公開しちゃえ」...ということで予定通りの9月9日公開となったのでしょう(推測ね)。

 

そういう、きっと公開直前にすったもんだあったであろう映画『三度目の殺人』で、出演シーンがそれほど多くない斉藤由貴さんがブルーリボンの助演女優賞を受賞することになったのですから、スタッフは重ねてびっくりですね(^_^;)

 

映画『三度目の殺人』について

 

この作品、3月2日に行われる「第41回日本アカデミー賞」(1月15日に発表済み)で各賞の受賞が決定しています。

  • 優秀作品賞
  • 優秀監督賞・優秀脚本賞・優秀編集賞(是枝裕和)
  • 優秀助演男優賞(役所広司)
  • 優秀助演女優賞(広瀬すず)
  • 優秀音楽賞(ルドヴィコ・エイナウディ)
  • 優秀撮影賞(瀧本幹也)
  • 優秀照明賞(藤井稔恭)
  • 優秀録音賞(冨田和彦)

 

もの凄い受賞状況ですよね、これだけでも驚きます。まるで「昨年一番の作品」という感じです。肝心の主演・福山雅治さんの受賞「なし」が気になりますが...。

 

映画『三度目の作品』プチ情報

  • 監督/脚本:是枝裕和
  • 主演:福山雅治
  • 共演:役所広司、広瀬すず、斉藤由貴ほか
  • 公開:2017年9月9日
  • 時間:124分

 

プチあらすじは...

弁護の勝利にとにかくこだわる弁護士の重盛(福山雅治)。本意ではない三隅(役所広司)の弁護をすることになります。

三隅は30年前にも殺人の前科がある男。重盛は「自身の勝ち」を無期懲役と定めたのですが、三隅は次々と供述を変えていくのです。このままだと死刑は免れません。つまり、重盛は負けてしまう...。

 

斉藤由貴の役どころは...

 

映画『三度目の殺人』のなかにおける斉藤由貴さんの役どころは、三隅(役所広司)に殺された(とされる)被害者の妻・美津江です。

 

三隅の証言によると、「美津江から夫(被害者)の殺害を依頼された」というのです。

えっ!?被害者でなく加害者なの???

 

ところで... 

この映画『三度目の殺人』は是枝監督が初めて望む、法廷サスペンスで、会話劇が堪能できる作品です。でも、底流には陰鬱なムードに満ちている作品でもあるのです。

 

そんな暗い(?)作品のなかでもひときわ「暗さ」を体現しているのが斉藤由貴さん。実は、会話劇で会話シーンが多い作品なのに、なぜか斉藤由貴さんはセリフ機会が少ないのです。W不倫があって、シーンをカットしたのかどうかは不明ですが...。

 

そんなセリフシーンの少ない斉藤由貴さん、つまり登場シーンも少ない斉藤由貴さんですが、見たあとは、妙に記憶に、そして、心に残ってしまう演技だったのです。「言葉」(セリフ)以上に仕草を含め「存在」で訴えることが出来る女優...。

 

斉藤由貴さん、やっぱり「不思議ちゃん」です。

 

2/8、ブルーリボン賞決定

 

2017年度(授賞式は2月8日)のブルーリボン賞の主な賞です。

  • 作品賞・「あゝ、荒野」
  • 主演男優賞・阿部サダヲ(47)
  • 主演女優賞・新垣結衣(29)
  • 助演男優賞・ユースケ・サンタマリア(46)
  • 助演女優賞・斉藤由貴(51)

 

斉藤由貴さんのコメントを...

 

  • 「このタイミング」で賞をいただけることが…。淡々と話していますが、ものすっごくうれしくてたまらない。
  • 運命の不思議な采配というか。(受賞に)励ましていただきました。
  • すずちゃんのおかげ。彼女の演技にすごく吸い込まれて。まなざしを見ながら、深い洞穴に入ったようになった。(この作品に対しての)役作りはなく、共鳴し合い、高まって生まれたもの。
  • 私は本来全然おもしろくない人間。演じることで人としての輪郭がはっきりしていく(そういう人間なんです)。
  • あのう、もし可能なら…。(授賞式を)両親に見せてあげたい。でも私、泣いちゃうかも。

 (以上、スポーツ報知報道より)

 

斉藤由貴さんは1985年のブルーリボン新人賞受賞以来、32年振りのブルーリボン賞です。

 

この受賞について、夫は「ノミネートされただけでもお祝いだ」と家族で焼き肉に連れて行ってくれたんだとか。また3人の子供たちも「やったじゃん!」と大喜びだったといいます。

 

どうやらあのW不倫騒動を斉藤由貴さんは家族の協力もあって乗り切ったようですね。

 

これからも、「女優・斉藤由貴」のニーズは途切れることはないようですね♪

 

まとめ

 

今回は昨年8月の突然のW不倫で世間に騒動と醜態をさらしてしまった女優・斉藤由貴さんが、その女優の仕事で挽回できた、復活した...というお話です。

 

騒動の直後、つまり、騒動のときにはすでに撮り終えていた映画作品でブルーリボン賞を獲ってしまう。

 

ものすごい幸運と、そして、潜在力の持ち主なんですね。

 

今後も、女優としての斉藤由貴さんの活躍を期待しています♪

 

f:id:kanreki7:20180124061007j:plain

(※画像出典:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170911-OHT1T50122.html