未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

「大相撲中継1年間中止」テリー伊藤案に賛成&機構改革も必要です!



<スポンサードリンク>

 

 

春日野部屋の暴力事件など相次ぐ大相撲界の不祥事を受けて、タレント・テリー伊藤氏が「なるほど」な提案をしました。

 

それは「大相撲のテレビ中継を1年間中止せよ」というものです。しごく納得したので、追従記事を書きます♪

 

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

テリー伊藤氏の主張

 

1/25放送の朝のTBS系列情報番組『ビビット』での発言です。

骨子をまとめると...

  • 相次ぐ不祥事に対しては日本相撲協会の体質を変えなければならない。
  • そのために大きな資金源となっているNHKのテレビ中継を1年間中止する。
  • その理由は「お金がじゃんじゃん入ってきたら反省するわけがない」から。
  • 大きな資金源が断たれることで、尻に火が付き、体質改善にようやく着手できる。 

 

なるほど、893と同じで、まずは「資金源を断つ」ですね。賛成です。しかも、ここは公益財団法人で税制上も優遇されています。なので、それも「断つ」ですね。

 

ブログ管理人の追従的+提案

 

ということで...

ブログ管理人はテリー伊藤氏の提案に加えて、次の4つを提案します。

  1. 公益財団法人の認定取り消し。
  2. 理事会等組織メンバー構成の過半数は「相撲関係者以外」とする。加えて、現状のような理事選を撤廃する。理事は所轄官庁の指名による。
  3. 力士以外の職種を部屋からの独立機関所属とする。
  4. 規定として明記した事項に該当する暴力事件を起こした場合、部屋の親方は解雇、そして、部屋は取り潰しとする。

 

[1]は必須事項です。まず、とにかく公益財団法人の認定を取り消して、「資金源を断つ」を徹底する。

 

そして、将来の公益財団法人再認定の条件として[2]の組織改革を実施する。

 

加えて、力士以外の職種、とくに行司を部屋から独立した機関の所属とし、また、親方による審判も廃止する。当然、プロの審判員の養成が必要となります。

 

_/_/

 

とくに、[2]については、文科省リードで徹底的にやって欲しいです。

 

[4]については、当面、暴力一層という切り口を軸に改革を徹底する。

 

まとめ

 

以上のことを推進するために、現在の理事は全員解任。外部の組織経営スペシャリストによるチームに若干の相撲経験者を加えて、改革に着手する。

 

そういうことがいやな部屋や力士たちは協会を去り、一門毎の花相撲でテキトーにやっていけばよろしい...そう考えます。

 

f:id:kanreki7:20180126203022p:plain

画像出典:http://sumououen.com/754.html