未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

安田大サーカス災難続く、クロちゃんも危ない〜糖尿病2つの誤解について



<スポンサードリンク>

 

安田大サーカスのクロちゃんが1/29放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系列)で即入院レベルの血糖値であることが発覚。

 

実はクロちゃん、以前、この番組に出演し、「このままでは突然死のリスクもある」と言われていたのです。全く改善されていないどころか、悪化しているような状況に会場騒然。

 

詳細は番組を見ていただくとして、このクロちゃんのことは他人事ではないのです。クロちゃんの行動から「糖尿病に関する2つの誤解について」考えてみたいと思います。

 

 

 

<スポンサードリンク>

 
 

 

安田大サーカスに続く災難!?

 

安田大サーカスは、2001年に結成されたお笑いトリオです。松竹芸能所属。メンバーは、団長安田、HIRO、クロちゃんの3人です。以下、敬称略で進めます。

 

また、結成の経緯や命名の由来が面白いのですが、それはほかのネット記事に任せます(笑)。

 

で、安田大サーカス、まずは団長安田に不幸が襲います。2009年7月、精巣捻転で緊急入院&手術。そして、2015年には自転車落車事故で重症。長期間の休養を余儀なくされました。

 

連続の不幸を乗り切ったと思ったら、今度はHIROが2017年6月に高血圧による「左脳内出血」で緊急入院。

 

なんとかこれも乗り切った安田大サーカス。それなのに今度はクロちゃんに糖尿病の魔の手が...。 では、そのクロちゃんの話を続けます。

 

f:id:kanreki7:20180130102833j:plain

※画像出典:http://news.livedoor.com/article/detail/13739590/

 

1/15放送分でリスク警鐘されていた!?

 

ところで、ブログ管理人は「2型糖尿病」です。3年前に人間ドックで診断され、治療を継続しています。治療とは、薬物療法、食事療法、運動療法の3つです。

 

以下の意見はブログ管理人の知見に基づくものであり、気になった方は、専門家(糖尿病専門医や糖尿病に詳しい管理栄養士など)に必ずアクセスして、正しいアドバイスのもとで対処をしてくださいね。

 

_/_/

 

さて、1/15放送分の『名医のTHE太鼓判!』では、安田大サーカスHIROのダイエット密着が取り上げられました。その際、クロちゃんも登場。血糖値が異常値であることを指摘され、このままでは突然死もあり得ると警鐘を鳴らされていたのです。

 

実は番組収録後にクロちゃんの状況に驚き、出演していた医師が真剣に忠告したとのこと。1/29放送分では、この医師が「助言が無視された」と涙ぐみ、番組に出演している医師団が激怒する一幕も。

 

ちなみに1/29放送分でクロちゃんの食後血糖値は最大「311」。正常値と判断される基準値(110〜140)の倍です。生活習慣を見直すための「教育入院」が即必要なレベルでした。

 

誤解その1、カロリーを気にした食生活!?

 

1/15放送分で突然死リスクを指摘されたクロちゃん。「普段からカロリーを気にした食生活をしている」と主張します。1/29放送分ではクロちゃんの食の一日が密着で紹介されます。

  • 朝はパスタとフライドチキンをがっつり。
  • 間食にはフライドチキンをペロリ。
  • 昼はそばを噛まずに飲むように流し込む。
  • 夜にはしゃぶしゃぶ食べ放題で、しこたま飲酒。
  • 夜食にラーメン、おまけに帰途にカフェでスイーツ。

 

この暴飲暴食が、もし日常なら、食後血糖値最大「311」では済まされないのではと感じます。つまり、クロちゃんのこの暴飲暴食は「番組の演出じゃね?」とも思うのです。

 

「演出疑惑」はさておき、血糖値異常が健康診断等で判明した人のよくある誤解に、話を戻します。クロちゃんの「普段からカロリーを気にした食生活をしている」との言葉が典型です。

 

(※番組しっかり見ました、「演出疑惑」は取り下げます!)

 

そもそも血糖値異常が判明したら、気にするのは「カロリーではなく、糖分」なのです。カロリー摂取に比例して糖分量も増えるという傾向があるので、「カロリーを気にすること」を全否定はしません。

 

さて、「糖分摂取量を気にした食生活をする」を正しく運用するためには次の6つの情報が必要になります。

  1. 血糖値改善のために、今の自分に必要な一日当たりの糖分摂取量は何gが良いのかを知る。
  2. この[1]で設定した一日当たりの糖分摂取量を、朝食、昼食、夕食、間食にどう振り分けべきかを知る。
  3. 口にする食べ物、飲み物の糖分量を知る。
  4. 糖分摂取を抑える食べ方を知る。
  5. 極端な偏食ではなく、トータルの栄養バランスをどう実現すればいいかということを知る。
  6. 適度な運動併用が重要だが、どういう運動が適しているのかを知る。

 

血糖値異常が判明した糖尿病予備軍の方々がこの6点を読むと、きっと「めんどくせ〜」と感じることでしょう。そういう方にお知らせです。 前述の6点は自分だけでは出来ないということです。つまり、血糖値異常で糖尿病予備軍であることが判明したら、迷わず、糖尿病の専門クリニックへ行くべきだということです。自分一人で前述の6点、出来ないですよね。

 

「誤解その1」で主張したいのは、繰り返しますが「血糖値異常は素人には治せない。だって生活習慣に起因しているんですから。だから、血糖値異常が判明したらすぐに専門医に診てもらい、医師の指導のもと生活改善(食生活だけでなく!)しましょう。」ということです。

 

糖尿病は実は人生を変えるチャンスなのです。だから、明るい気持ちで受診してください♪

 

なお、糖尿病はチャンスということついては、こちらの記事もどうぞ。

 

 

誤解その2、「わかりました」はわかってない証拠!?

 

ブログ管理人は1/15放送分見ていません。でも、クロちゃんに突然死リスクが告げられたとき、きっと「わかりました」と言ったはずです。

 

また1/15放送分の収録後に心配した出演者の医師から助言を受けたとき、クロちゃんは、やっぱり、わかりましたと言ったと思うのです。

 

でも、糖尿病予備軍の人が助言に対し「わかりました」と言うのを聞いて、「ああ、わかってくれたんだな」と思ったら、それは全く誤解です。99.9%誤解です。

 

なぜなら、糖尿病予備軍の段階、あるいは糖尿病初期では、全く自覚症状もなく、どこも「痛くもかゆくもない」からです。生活習慣のバランスの悪さが起因する「2型糖尿病」は、生活に根ざしたところにあるので、おいそれと治せないし、治そうとも思えない、思わないのです。だって、自分に重篤な病が襲いかかろうとしている自覚&認識は「ゼロ」ですから...。

 

なのでアドバイスした医者が全く無駄だったと涙することに呆れました。専門家なら、糖尿病予備軍の認識が甘いことは常識だからです。

 

この認識の甘さを壊すのは「糖尿病の真の怖さを知ること、知らせ理解させること」が一番です。例えば...

  • 糖尿病が怖いのは合併症で、放置すれば間違いなく合併症を誘発する。
  • 合併症が行き着くところは、失明、壊疽での足切断、人工透析、血管系疾患による突然死...。
  • 生活習慣に根ざしているので、かつ、糖尿病は生涯治療が必要とも言われており、治療で食生活・運動生活を変える続けるには、相当の覚悟がいる。
  • 歯周病が糖尿病を促進し、その糖尿病がさらに歯周病を悪化させると言ったと、知られていない恐怖のスパイラル現象が糖尿病周りにはある。

などなど。

 

糖尿病予備軍の人たちは、壊疽で切断せざるを得ない状態の足の残念な写真など見たほうがいいです。いずれ自分がそうなるのですから。放っておけば、まず間違いなくそうなるのですから。

 

誤解その2でお伝えしたいことは、糖尿病予備軍たちが口にする「わかりました」は、全くわかっていないということです。痛くもかゆくもないのですから、治療を開始しようという動機づけは「ゼロ状態」のまま。

 

これを解決する手立ては、糖尿病の怖さを知り、その怖いという思いを身体に刻み刻むことです。普通、糖尿病治療は生涯続きます。そういう治療で一番大切なことは、自分で治療の動機づけを保ち続けることなのです。そのおおもとが「糖尿病への正しい理解と怖いという思い」なのです。

 

「動機づけ」については、こちらの記事もどうぞ。

 

まとめ

 

糖尿病予備軍の方々は1/29放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系列)は必見です。他人事としてではなく、自分の中に生まれる恐怖感を味わいながら見て欲しいですね。

 

そして、気になる方は、直ぐに専門医に診てもらいましょう。

 

追記

 

番組をしっかりみました。

クロちゃん救出計画がはじまるようですね。

楽しみです。